旦那・夫のLINE(ライン)から浮気発覚!ラインの履歴で慰謝料は請求できる?

もし夫のLINEから浮気が発覚した場合、どのように行動すれば良いのでしょうか。浮気が発覚した後の行動は非常に重要なものであり、誤ったことをしてしまうと慰謝料が請求できない可能性があります。

そこで今回は、『LINEの履歴で慰謝料は請求できるのか』『浮気が発覚した場合の正しい行動』について解説します。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

LINE(ライン)の履歴で慰謝料は請求できない

結論を先に述べると、LINEの履歴だけで夫に対して慰謝料を請求することはできません。トーク内容や通話履歴によって請求できる可能性が変わることもありますが、どちらにしてもそれだけでは慰謝料を求めるのは難しいでしょう。

LINE(ライン)の履歴だけで請求できない理由とは?

なぜ請求することが厳しいのか、その理由は証拠としての弱さが挙げられます。LINEの履歴は加工しやすく、提出したとしても加工を疑われてしまいます。そのため、LINEの履歴だけでは慰謝料の請求は難しいのが現実です。

浮気の証拠として強力なものとは?

慰謝料を求めるためには、LINEの履歴よりも強力な証拠が必要です。強力な証拠というのは、それだけで夫が浮気・不倫をしているということが分かるものを指します。

慰謝料を請求する上での強力な証拠というのは、浮気関係が容易に推測できる写真や映像、本人が浮気していることを公言している音声など。ハッキリと浮気関係が分からなければ効力を発揮しません。

LINE(ライン)の履歴は他の証拠と組み合わせることで慰謝料を請求できる

LINEの履歴を活用する場合には、他の証拠と組み合わせてみましょう。他の証拠と組み合わせることで、慰謝料を請求できる可能性が高まります。上記で述べた強力な証拠と組み合わせることはもちろんのこと、ICカードの利用履歴やGPSのデータなどと組み合わせる方法もあります。

旦那・夫のLINEから浮気が発覚した場合の対処方法

旦那・夫のLINEから浮気が発覚した場合、きちんとした対処を行う必要があります。もし誤った行動をしてしまうと、夫婦仲が急速に悪化したり、浮気調査が失敗したりするかもしれません。

LINE以外で怪しいものがないか調べる

上記でも述べた通り、LINEの履歴は他の証拠と一緒に使うことで夫に対して慰謝料を請求できるようになります。そのため、LINE以外に浮気の証拠となるようなものを探してみましょう。

どのようなものが証拠として認められるのか知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

(【浮気・不倫】裁判で有利になる不貞の証拠とはの内部リンクをココに貼る)

消される前にトーク画面を保存するのは危険

もし浮気と思われるトーク内容を見つけたのであれば、すぐにその画面を保存したくなることでしょう。しかし、その行為はおすすめできるものではありません。

おすすめできない理由については、以下の記事にて紹介しています。

(探偵が教える!LINE(ライン)で浮気・不倫をしている人の傾向 のリンクを貼る)

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

旦那・夫の浮気が発覚した際の選択肢とは?

様々な選択肢と女性

夫の浮気が発覚してしまった場合、あなたに提示されている選択肢は3つあります。その時の状況や子供の有無などを考えた上で、慎重に選びましよう。

浮気を許して夫婦関係をやり直す

離婚を考えていない場合や小さな子供がいる場合は、浮気を許して関係をやり直すという選択肢があります。ただでさえ大変な子育てを一人で行うというのは非常に苦労がかかります。

また、離婚によって子供に悪影響を及ぼすかもしれません。そのようなことを考えると、離婚をせずに関係を構築し直すという方法が選ばれます。

もし夫婦関係を改めて構築し直す場合には、一旦2人で話し合いましょう。話し合う際には、落ち着いたカフェやレストランで行うのがおすすめ。2人きりの空間で話し合うと、感情的になってしまい話し合いが成立しない恐れがあります。

旦那・夫に対して慰謝料を請求する

ただ浮気を許すのではなく、慰謝料を請求した上で許すこともできます。慰謝料を請求する方法は3つあり、『直接話し合いで請求額を決める方法』や『家庭裁判所の調停委員と協力して請求する方法』、そして『裁判で訴訟して請求する方法』です。

実際に慰謝料を請求するのであれば、書面と口頭のどちらかを選ぶことになります。

書面の場合は夫に伝えたいことをゆっくりと組み立てられる反面、どうしても時間がかかってしまいます。

口頭の場合は書面よりも早く伝えられるため、早期解決が可能です。しかし、デメリットとして発言次第で請求が失敗する恐れがあります。

どちらにせよ慰謝料を請求するためには浮気したことが明らかに分かる証拠が必須です。肉体関係があったと分かるものや、既婚者と分かっておきながら他の女性と関係を結んだと分かるものが求められます。

浮気を理由にして離婚する

どうしても夫が許せない場合には、離婚した上で慰謝料を請求する選択もあります。このような協議離婚を行う場合、多くの書類が必要になります。

必要なものは、浮気の内容や夫への要求を記載した離婚協議通知書や話し合いがまとまった際に記載する離婚協議書など。書類の中には夫婦お互いの印鑑が必要なものもあり、勝手に捺印することはできません。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

慰謝料の請求は探偵事務所へ

聞き込み調査をする探偵

慰謝料を請求したい場合は、自分で無理に調べずに探偵事務所へ依頼することをおススメします。探偵事務所は日本全国にあり、気軽に無料で相談できます。

探偵事務所での依頼がおすすめな理由

探偵事務所へ依頼するのがおすすめな理由はいくつもあります。例えば、探偵事務所が浮気調査した後にまとめる報告書は浮気の証拠として非常に強力です。また、素人ではできないような調査で調べてくれるため、自分で調べるよりも効率よく証拠を見つけてくれます。

素人が浮気調査してしまうと、夫にバレてしまったり、違反行為として扱われたりなどの危険性があります。探偵事務所の場合はそのような危険性がほとんどありません。安心してプロの調査員に夫の浮気を調べてもらえます。

LINEの履歴は探偵事務所にとって重要な証拠

探偵事務所で浮気調査を行う際、まずは情報収集から始めます。その時にLINEの履歴があれば、よりスムーズに調査に入ることができます。LINEの履歴を確認することで、対象者の行動パターンや関係の深さなどをチェックすることが可能です。

もちろん、その他に浮気に関する証拠や情報があるならば、探偵事務所に伝えましょう。情報が多いほど調査の成功率は上がります。また、調査時間も削減できるため、費用を抑えてもらいやすくなります。

請求できる慰謝料の相場とは?

浮気の慰謝料は案件によって異なる上に、決まった額というものはありません。ここで紹介するのはあくまで一般的な浮気の慰謝料の相場を掲載させていただきます。

離婚せずに慰謝料だけを請求するのであれば、50〜100万円。反対に離婚した上で慰謝料も求める場合、最高300万円ほどになることがあります。

慰謝料が大きくなるのは、夫の浮気によってどれほどの損害が生まれたのかということで決まります。

例えば夫が既婚者と分かっていながら何度も浮気しているのであれば、慰謝料が増える可能性があります。反対に、あなたに対する落ち度があったり、そもそも夫婦仲が悪かったりする場合は減額します。

探偵事務所へ依頼する際はどのくらいかかる?

探偵事務所へ依頼する場合にはある程度の費用がかかりますが、請求できる慰謝料よりも下回ることもあります。調査日程やプラン内容によって異なりますが、浮気調査の一般的な費用は30〜100万円で依頼できます。
慰謝料を請求することを前提に考えているのであれば、夫の浮気調査は自分で調べるよりも探偵事務所へ依頼するのがいいでしょう。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

探偵を利用しても慰謝料がもらえれば金銭的負担が減る

一万円札を持つ女性

LINEの履歴だけで夫に対して慰謝料を求めることは非常に難しいですが、探偵事務所に依頼することで請求できる可能性が格段に上がります。その上、慰謝料がもらえれば探偵へ依頼した際の費用を抑えることができ、金銭的な負担も軽減できます。

もし夫の浮気を見つけてしまったのであれば、ぜひ探偵事務所に相談してみましょう。

夫・旦那の浮気に悩んでいる奥様におすすめの記事

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!