夫の風俗通いを慰謝料請求したい!現実的にできる?できない?

夫が風俗通いしているために離婚したいと考えている人は結構多いものです。離婚するにしても、一体風俗慰謝料は請求出来るのでしょうか。これは風俗通いが浮気に該当するかどうかにも関わってきます。

また、風俗と一口に行っても実に色々とあるので、この点も気をつけて置かないといけません。この記事ではこうしたポイントについて見ていきましょう。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

性行為を含んだ風俗は浮気に該当する

まず、性行為を含むような風俗は浮気に該当します。浮気は離婚の要件となりますから、性行為を含む風俗に通っているような場合には慰謝料の請求も可能になることもあります。

浮気は結婚の要件を蔑ろにする行為とみなされており、もしも配偶者が浮気している場合には慰謝料をもらって離婚も可能となってきます。

ここで性行為を含む風俗についてはっきりさせておきましょう。まず、風俗といっても実に多様なものがあります。ソープランドは最も有名なものですが、こちらは挿入行為を伴うのが特徴になっています。他にも、単にイメージプレイだけして終わるようなものもあり、風俗と言っても実はかなり種類も多く、中には浮気行為と認められにくいものもあります。

だからこそ、どのような風俗に通っているのかはっきりさせておく必要があるのです。風俗に通っている理由等も大事です。場合によっては、「仕事の調査のために行っている」なんてかわされることもあります。このようなこともあり、探偵事務所等に頼んでじっくりと調査もしてもらわないといけません。

実際にもらえる慰謝料ですが、悪質な場合には数百万以上慰謝料が出たケースも珍しくありません。しかし、あまりにも程度が軽い不貞行為の場合にはそもそも浮気と認められずに慰謝料も発生しないこともあるので注意が必要です。

慰謝料請求できる風俗通いの条件

慰謝料請求出来るかどうかは色々な要素が関係してきます。まず、ソープランド通いについて考えてみましょう。

ソープランドは基本的に挿入行為を伴うものですから、不貞行為として浮気扱いされることがほとんどです。何よりも大事なのがソープランドの特性です。ソープランドにおいてはお客は入浴料を払って、風呂に入浴する事となっています。

この際に風俗嬢がサービスしますがもしも風俗嬢と性行為をした場合には、「サービスではなく恋愛のため」に行ったと建前上は解釈されます。

こうしたこともあり、もしもソープランドに行った場合に挿入行為が行われたならば、「他の異性と恋愛をして不貞行為をした」ということを証明するものにもなります。結果的に浮気としても裁判で認められやすくもなっていますし、慰謝料も請求しやすくなっています。

逆に、ピンサロ等は中々浮気行為としてみなされることは多くありません。最悪なのはオナクラ等であり、こうしたサービスだと裁判でも浮気扱いされることは少なくなっています。

そのため、風俗通いをしている場合には、一体どのような風俗に通っているのかを、探偵事務所に頼んではっきりさせておいて下さい。それによって対応策も全く変わってきます。探偵事務所に頼めば24時間の監視で問題をはっきりさせてくれます。

夫の風俗通いで慰謝料請求ができるケース

慰謝料請求が実際に出来るかどうかは事例によって異なります。

まず、ソープランドに常習的に通っている場合にはほとんどのケースで、慰謝料請求が出来ることが多いです。

しかし、注意しておきたいのが家庭内における夜の生活。もしも妻が性行為を拒絶するなどの対応を取っている場合、家庭内で発散できない性欲を満たすための行為として風俗通いが情状酌量されてしまうケースもあります。

これは慰謝料請求をする際には一番気をつけておかないといけないケースです。性行為を拒否する=妻としての義務を果たさない、とみなされてしまって逆に訴えられることも。このように、思わぬ事態にもなりかねませんから、じっくりと探偵事務所と相談しておかないといけません。

また、証拠資料もしっかりとないといけません。単に「夫が風俗通いしています」と申し立てるだけでは、裁判官としてもどうしようもありませんし裁判をしても不毛です。やはり夫が風俗店に入っているような光景を撮影した映像などが必要になってきます。

できれば一度の風俗通いではなく、最低でも複数回行った光景を撮影するのがベストです。撮影等をするのは素人だと実に難しいですが、こうしたこともM&Mのような探偵事務所に依頼すればやってくれるので頼んでみると良いでしょう。

慰謝料が増額されるケースと減額されるケース

ケースによっては慰謝料が増減されることもあります。例えば、風俗通いがひどい場合にはそれだけ浮気の程度も酷いとみなされます。こうした場合には慰謝料請求もしやすくなってくることも。

他にも、風俗にも色々とありますが、やはり挿入行為を伴うようなソープランドに通っているような場合には増額されることも多くなってきます。

更に、常習的に通っている場合には、浮気行為ともみなされやすくなってきます。一回行った程度であれば情状酌量の余地が認められることもあるものの、何度も行っているようであればもはや確信犯です。

一方、減額されてしまうようなケースも。例えば、社交で行ったような場合や実際にプレイしていない場合です。実際に風俗に行ってプレイしているのかどうかを知るのはかなり困難ですから、やはり探偵事務所等に頼むほかありまセん。

また、闇風俗と呼ばれるようなものもあって、風俗なのかどうかの見極めが難しくなっていることも。ガールズバー等もありますが、こうしたサービスを利用したからといって必ずしも浮気行為に当たるとは限りません。

結局は不貞行為の実態があるのかどうかが大事になってきますから、専門業者に頼んで調べてもらうことが必要になるのです。専門業者に頼めば徹底調査して実態を掴んでくれます。

夫の風俗通いを証明するための証拠集めの方法

風俗通いをしているかどうかはっきりさせるのは難しいものです。風俗に仕事帰りに通うなんて場合、利用時間もせいぜい1時間ですから、中々証明しにくくもなっています。

帰ってきた際に石鹸のニオイがすれば、「ソープランドにでも行っているのでは」と考えることもできますが、これも決定的な証拠資料にはなりません。

証拠資料として認められるのは、例えば携帯電話の通話履歴などです。もしもソープランド等をはじめとする風俗業者に電話をした形跡があるならば、これを証拠資料にすることもできます。しかし、通話履歴だけでは浮気の証拠資料としては弱いものです。

一番良いのは実際にソープランド等に入る光景を撮影することです。これはやはり一般人だと難しいことで、専門業者の力を借りて行わないといけません。

専門業者であれば24時間監視して、平日であっても休日であっても問題なく夫の風俗通いをチェックできます。そもそも本当に風俗等に通っているのか気になるという場合にも、まずはプロに頼んではっきりさせておくと良いでしょう。

他に、夫と一緒に風俗に行った同僚等からインタビューしても良いでしょう。とはいえ、これも素人がやるのにははっきりいってハードルが高いですから、余りオススメできません。

自分で証拠集めが辛いならプロが味方になります

証拠資料を集めることは慰謝料請求のためには絶対に必要になるのです。しかし、やはり証拠資料集めは大変ですし、精神的にも辛いもの。

だからこそ利用しておきたいのが、弊社のような探偵事務所です。探偵事務所に依頼すれば簡単に調査もしてくれますし、しっかりと裁判で使える証拠資料が手に入ります。

裁判等についても質問できますから、もしも離婚等のことで気になることがあったらまずは相談することをお勧めします。

夫・旦那の浮気に悩んでいる奥様におすすめの記事

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!