妻の過ちが原因で離婚はできる?裏切った妻と確実に離婚する方法

妻に浮気をされてしまった場合には怒りでどうにもならなくなることもあるでしょう。こうした場合、冷静になって裏切った妻と離婚する方法を考えないといけません。カッとなって手を挙げるのは一番いけないことで、離婚裁判においても立場が危うくなることもあります。ここではそんな妻の過ちを知った際に出来る対応策について詳しく紹介します。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

妻の過ちを知ったときの夫の選択

妻の過ちを知った場合、夫としては色々な選択肢が考えられます。まず、話し合いをして問題解決を図る方法です。妻が不倫などをした場合でも、ケースによっては話し合いによって問題が解決出来ることも。一回限りの不倫ならば、まずは話し合いをして問題解決を図っても良いでしょう。

しかし、常習性の行為であったり、不倫の内容が悪質ならば話し合いをしても埒が明かないことが多いです。問題を一時的に解決出来ても浮気癖がある伴侶とは、基本的に結婚生活を続けていく事は出来ません。

そのため、不貞行為が悪質ならば話し合いをせず、直ぐに探偵事務所に相談したほうが良いこともあります。話し合いをしないことで、妻に感づかれることなく浮気の調査が出来ます。こうした調査によって実際に離婚する際の証拠となる資料も手に入ります。逆に話し合いをしてから探偵調査に依頼すると問題が解決しないばかりか、配偶者に感づかれてしまって調査も難航します。

更に、直ぐに離婚したいならば不貞行為が発覚したら直ぐに裁判や離婚に持ち込んでも良いでしょう。しかし、離婚裁判は実に複雑なものであり、証拠等がないと時間もかかってきます。結果的に不利な条件で離婚になってしまって後悔する場合もあります。やはり急がば回れで探偵事務所に任せるのが一番です。

冷静に知っておきたい離婚後の夫のデメリット

離婚をすると思わぬデメリットもあります。例えば、財産を離婚したら分割しないといけません。居住している家や、債権などの財産も分割して処理する必要性があります。配偶者の不貞行為が理由の離婚の場合には財産の分解が必要ないと思う人もいますが、基本的にはそんな事はありません。こうした作業は時間がかかるものですし、弁護士等の依頼費用も嵩んできます。

他に、子供の養育権などの問題があります。やはり配偶者の浮気行為が原因で結婚契約を解消すると裁判で認められると、養育権などの点でも有利になってきます。しかし、子供の意向が尊重されることもあり、子供が裏切り者の配偶者の方に行ってしまうと養育費を支払わないといけなくなります。養育費以外にも何かとコストがかかるのが離婚です。

何よりも心理的な負担もあります。裁判は場合によっては数年単位で長引くこともありますし、配偶者間で猛烈な裁判闘争を繰り広げるカップルも多いです。浮気されたことが会社等に知られると、変な噂も立ってしまいます。こうしたことは決して精神的に容易なものではなく、あまりの心的外傷のためにうつ病等になってしまう人もいます。子供にとってもストレスが多いものであり、子供が精神病を発症するケースもあります。

どうしても許せない…妻の過ちが原因で離婚は可能か

そもそも妻の不貞行為が原因で離婚は出来るのでしょうか。これはケースバイケースですが、結論としては多くの場合で可能です。結婚はそもそも伴侶と性生活を営んで子孫を残すのが究極の目的ですから、不倫等が生じると結婚の目的が果たせなくなってしまうので離婚自体は可能です。

しかし、不倫と一口に言っても実に多様なものがあります。性行為を伴わないような浮気行為だと、不倫裁判時にも離婚する根拠として認められないこともあり、それでも双方が離婚に同意すれば結婚契約の解消は可能ですが、財産の分割等の点で不利になりかねません。

また、性行為が絡む不貞行為だとしても、そのことを立証することが出来なければ意味がありません。そのためにもまずは探偵事務所に依頼して対応してもらうことが大事です。探偵事務所に頼めば厳格な監視によって、あらゆる不貞行為を記録してくれます。こうした証拠は裁判においては絶対に欠かせないものですから、もしも配偶者が不倫をしているか気になったら探偵事務所に話をすることが一番です。

また、証拠があれば離婚は可能なものの、裁判は長引く傾向にあります。もしも配偶者が離婚を拒否する場合、最低でも1年程度は裁判のために時間を使わないといけないと覚悟しておきましょう。

浮気・不倫をされた夫が離婚を有利に進める方法

浮気されてしまった場合、裁判を有利に進めてなるべく養育費等の点で良い条件で和解出来るようにしないといけません。養育費等は数十年単位で支払うものですから、裁判の結果がその後の人生を大きく左右するとも言えます。そんな裁判を有利に進めるためにも、まずはじっくりと証拠を集めておくことをお勧めします。

証拠なしに不貞行為を弾劾しても、裁判官としてはどうしようもありません。証拠集めには時間もかかりますが、こうした行為は必ず裁判で報われてきます。

また、裁判においては弁護士の能力がモノを言います。極端な例では、弁護士がこうした立証に長けていないために、確かな証拠があるにも関わらず浮気理由による離婚が認められなかったという事例があります。弁護士の能力は決定的なものですから、もしもケースが複雑な場合には必ず有能な弁護士を雇っておきましょう。

他にも大事なのが子供を自分の側につけることです。子供の養育費や養育権は実はこうした事例においては最も揉めるため、離婚の際には子供としっかり相談しておいて下さい。子供の意向が裁判の結果すら左右することもあります。
最後に、証拠集めをしっかりするためにも良い探偵事務所を選んでおくべきでしょう。探偵事務所選び次第で結果も変わります。

離婚訴訟で有利になる妻の過ちの証拠の種類

裁判において認められる証拠は幾つもあります。まず、代表的なのがビデオ映像です。配偶者が浮気相手とラブホテルに入った瞬間の映像は、数々の裁判においても決定的な証拠として扱われています。有能な探偵事務所であればこうした映像も確実に撮影してくれます。他にも、配偶者が浮気相手と街を手を組んで歩いているといったようなものでも、十分に証拠として扱われてます。

また、会話記録等があればそれに越したことはありまセん。結局、ラブホテルに一緒に入ったとしても、「一休みのために入った」と弁解される恐れがあります。しかし、浮気行為との会話記録があれば不貞行為をより強固に立証可能となります。こうした会話記録は盗音の危険性もあるので自分では絶対にやらないようにすることも大事です。やはりプロに頼んで合法的な方法でやってもらいましょう。

更に職場の人からしたインタビュー内容等も証拠として活用されます。場合によっては不倫相手からインタビューをした内容が活用されることもあります。探偵事務所のプロはこうした行為にも長けているので、全くスキを見せないような配偶者であっても大丈夫です。

このように有効な証拠も多いものの、証拠集めにはかなり時間がかかることだけは理解しておいて下さい。

確実に証拠を集めるならプロにお任せ下さい

証拠集めが結局は離婚においては肝心です。証拠がないと裁判しても基本的に意味がありません。相手に感づかれたりするとしっかりと証拠も集められません。

こうしたことから、実際に証拠集めをしたい場合には弊社のようなプロの探偵事務所に依頼するのが大事です。こちらの探偵事務所は24時間対応していますから、急場にも相談しやすくて良いでしょう。

また、リーズナブルに依頼できる点も魅力です。いずれにしても辛抱強く調査を行うことが大事ですから、もしも不貞行為をされているならば冷静になってまずは探偵事務所に相談しましょう。

妻・嫁の浮気に悩んでいる旦那様におすすめの記事

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!