携帯番号から追跡は可能?位置を特定する方法とは

パートナーの携帯電話に、見知らぬ人物からの着信があった。もしかしたら、パートナーの浮気相手かもしれない。何とかして、電話番号から位置や相手を特定できないだろうか。

今回はそんな浮気相手から着信があった場合に、電話番号から相手を調べる方法はあるのか、また、パートナーの浮気の証拠を得るために取るべき行動について解説していきます。

携帯番号だけで位置や相手を特定することはできるか

結論から言いますと、携帯電話の番号から個人を特定したり、その携帯電話の位置情報を取得したりすることはできません。

確かに、携帯電話やスマートフォンは、定期的に基地局にGPS情報を送信しているのですが、このときに受信した個々の携帯電話の位置情報や、その端末の持ち主に繋がる情報は、原則的に携帯電話会社しか取得・閲覧することができません。

その端末や番号が犯罪行為に使われた場合に、警察が調査のために情報の提供を求めることはありますが、私たちのような一般人が携帯番号に紐づけられた個人情報を知ることはできません。

以前は、固定電話や携帯電話の番号から、全部とはいかなくても、住んでいる大まかな地域や携帯電話のキャリアなどを知ることもできたのですが、現在ではナンバーポータビリティ(MNP)というサービスが普及し、電話会社や地域に囚われず、同じ番号を使い続けることが可能になったため、電話番号から個人を推定することはできなくなりました。

そのため、現在では電話番号から個人やその人の居場所を特定することは不可能ということになります。

浮気相手から着信があった場合、どうすればいいの?

電話番号から個人を特定できないのなら、浮気相手から着信があっても見て見ぬふりをするしかないの? と、心配になる方もいるかもしれませんが、諦める必要はありません!

電話番号から個人を特定できないのなら、別の情報を手に入れれば良いのです。

本項では浮気相手を特定する情報を手に入れるための方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

浮気相手を特定するための方法①|GPSアプリを使う

パートナーの浮気相手を特定するためのひとつ目の方法は、GPSアプリを利用することです。

GPSアプリとは、本来は子どもや高齢者の見守り、あるいはスマートフォンの盗難・紛失対策のためのものですが、パートナーのスマートフォンに入れておくことで、あなたが使っている別の端末からパートナーが今どこにいるのかを特定することができます。

その状態で、パートナーが特定のホテルなどに定期的に足を運ぶようであれば、浮気相手と合っている場所を突き止められますし、また、運が良く、浮気相手の家に訪れるようなことがあれば、浮気対手の住んでいる場所を特定することも可能です。

こうしたGPSアプリはリアルタイムで相手の居場所を監視できるものから、10分ごと、20分ごとといったようにあらかじめ間隔を指定しておくことで、こちらが操作をしなくも端末の位置情報を記録し続けてくれるものまで様々なものがありますので、用途に合わせて、必要なものを選択してください。

GPSアプリのデメリットは事前にパートナーのスマートフォンにアプリをインストールしておく必要があり、手間がかかるという点ですが、浮気調査のひとつの方法として、GPSアプリの利用は有益です。

また、アプリによっては無料で利用できるものもあるので、なるべくお金をかけずに浮気調査を行いたいと考えている方にもおすすめです。

浮気相手を特定するための方法②|遠隔監視アプリを利用する

GPSアプリを使った調査では、浮気相手に繋がる情報が得られなかったという場合は、遠隔監視アプリを利用するのも良いでしょう。

遠隔監視アプリとは、離れた場所にある自分の端末からパートナーのスマートフォンの中の画像や動画を調査したり、LINEなどのSNSのメッセージのやり取りを閲覧したり、別のデバイスからスマートフォンについているカメラを起動させたりといったことができるツールのことです。

GPSアプリと同じように、事前にパートナーのスマートフォンにインストールしておかなければなりませんが、GPSによる位置情報を取得する以外にも様々な機能を持っている分、浮気相手を特定するための手がかりを入手しやすいと言えます。

例えば、遠隔操作でSNSのやり取りを閲覧することができれば、浮気相手の名前やパートナーとの関係性を知ることができますし、パートナーが浮気相手の映った画像を保存していれば、相手の姿や顔が分かります。

こうした遠隔監視アプリの中には無料で利用できるものもあり、専業主婦(夫)など経済的に余裕がない方でも、浮気調査を行うことができます。

浮気相手を特定するための方法③|探偵を利用する

パートナーの浮気を突き止めるだけでなく、慰謝料の請求まで考えている方であれば、探偵に依頼をするのがおすすめです。

というのも、スマートフォン用アプリを用いて入手した証拠は、それだけでは裁判で通用する証拠にはならない可能性が高いのです。

慰謝料を請求しようとした場合、裁判所(第三者)に不貞行為があったと認定される必要があります。この場合における不貞行為とは、配偶者以外の者と継続的に性交渉があったということを指し、例えば、性行為中の動画やホテルに出入りしている写真がその証拠として認められやすくなっています。

しかし、逆に言えば、肉体関係があったことが推測できなければ、折角集めた証拠も意味を持たないのです。

例えば、パートナーと浮気相手が手を繋いでいる写真や、肉体関係があったことが推定できない日常的なSNSメッセージのやり取りなどは、それ単体では浮気の証拠として認められないケースが多いです。

さらに、配偶者とはいえ他人のスマートフォンに許可なくアプリをインストールする行為は違法になる場合があり、パートナーの浮気を理由に慰謝料を請求しようと思ったのに、逆に訴えられてしまうという危険性もあります。

このように、スマートフォンアプリを利用して、自分だけで裁判でも利用できる証拠を手に入れようと考えた場合、様々なリスクを背負わなければなりません。 

一方、探偵に依頼した場合は、法に触れたり、裁判で使えない証拠を集めてしまうといったリスクを低く抑えることができ、また迅速にパートナーの浮気の証拠を手に入れることができます。

安いものは無料で利用できるアプリと比べると、かかるコストは大きいのですが、安全かつ確実にパートナーの浮気相手を突き止める最適な方法といえるでしょう。

まとめ

パートナーの携帯電話に浮気相手から電話がかかってきたとしても、電話番号だけでは相手の居場所や個人情報を特定することはできません。しかし、GPSアプリを利用してパートナーの位置情報を取得したり、あるいは遠隔監視アプリによって、パートナーのスマートフォンの中のデータの調査などを行うことで、浮気相手に繋がる情報を入手することができます。また、探偵に依頼をすることで、迅速かつ安全に浮気相手を特定したり、慰謝料を請求する場合でも使える証拠を得ることができます。