10年前の浮気を理由に離婚できるの?証拠は必要?慰謝料は?その疑問にお答えします!

10年前の旦那の浮気が許せない

果たして10年前の浮気を理由として別れられるのでしょうか。証拠は必要なのか、いくら慰謝料を請求できるのかといった点も気になることでしょう。

そこで、この記事では10年前の浮気で離婚できるのか、別れるために必要な理由、慰謝料を請求できるのかといった点について解説します。

幅広いケースを扱ってきた探偵事務所M&Mが、10年前の浮気による離婚について詳しく解説しましょう。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

10年前の浮気で離婚ができるのか?

10年前に旦那に浮気されたことを理由として離婚できるのか説明しましょう。

10年前の浮気は現時点での離婚理由にはならない

基本的には、10年前の浮気を原因として別れることは困難です。10年前に浮気されたけれども、そのあと婚姻生活を続けてきたという事実があるからです。客観的に考えれば、このような状況では、浮気の問題はすでに解決されたとみなせます。そのため、10年前の浮気の事実を現時点における離婚の理由として用いることは難しいです。

過去の浮気の事実を今知ったならば離婚できる可能性がある

もし、10年前にパートナーが浮気したことをつい最近知ったという場合には、離婚できることがあります。この場合は、浮気をしたのは10年前であっても、その事実を知ってショックを受けたのは現時点の問題になるからです。すでに結婚した後で浮気していたならば、それは不貞行為になります。それによって、もう旦那のことが信頼できなくなり、婚姻生活を続けるのが困難であると主張すれば、別れられる望みがあります。

離婚するためにどんな理由が必要か?

離婚するためには法的に認められる理由を満たしている必要があります。どういう理由が求められるのか説明しましょう。

婚姻を継続し難い理由が必要

離婚できる条件は法律によって細かく定められています。そのうちの1つが、婚姻を継続しがたい理由があることです。これは幅広い解釈の仕方ができるため、たとえば、性格の不一致を理由にすることもできます。10年前の浮気を直接の理由にできなくても、婚姻を継続し難い理由を見つけることができれば、それを主張して裁判所が認めるケースがあります。

セックスレス

たとえば、10年前に浮気されてからセックスレスになったというケースがあります。セックスレスは離婚の理由の1つになります。この場合は、セックスレスの期間が長期に渡るほど、別れられる可能性が高まります。セックスをするのは夫婦としては当たり前のことであり、セックスレスになってしまったのであれば、婚姻生活の継続が難しいと判断されるからです。

ただし、この場合はセックスレスになっていたという証拠が必要です。日記やメール、手紙などが証拠となります。たとえば、相手にセックスを誘って断られた記録が残っていれば、それはセックスレスの証拠になるのです。

別居

10年前の浮気が原因となって別居するケースがあります。別居の期間が長くなると、夫婦生活が破綻しているとみなせるため、離婚理由になります。ただし、別居については1ヶ月や2ヶ月といった短い期間では理由として認められないことが多いです。2年や3年といった長期間の場合には、条件を満たしたと判断されやすいです。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

10年前の浮気の証拠は必要?

10年前の浮気であっても、条件を満たせば慰謝料を請求できます。ただし、その場合は浮気の証拠を提示しなければいけません。この点について詳しく説明しましょう。

離婚や慰謝料請求で証拠は必要不可欠

浮気を理由に離婚したり、慰謝料を請求したりする場合には証拠を用意しなければいけません。浮気の事実があったことを客観的に説明できることが求められます。慰謝料請求では裁判になることが多いです。そのときには、裁判に客観的な判決を下してもらうために証拠を提出します。裁判所が浮気の証拠であると認めることができるものを用意しなければいけません。

浮気をした確固たる証拠が求められる

浮気の証拠として認められるのは、肉体関係があったことを客観的に説明できるものです。たとえば、肉体関係の様子を確認できる写真や動画があれば、それは動かぬ証拠といえます。ラブホテルを出入りする場面の画像や動画などもよいでしょう。浮気相手に送ったメールや手紙なども大丈夫です。たとえば、浮気相手から旦那に送られてきた手紙が見つかり、そこに肉体関係があったことがわかる内容が記載されていると、証拠となるのです。実際にそういう手紙が後になって発見されるケースは存在します。旦那が浮気相手との性行為を趣味で撮影していて、そのテープが発見されるケースもあるでしょう。

探偵事務所M&Mに頼めば探偵に調査を依頼できる

10年前の浮気の証拠を集めるのは簡単なことではありません。素人が調査しようと思っても、とても大変でしょう。このような悩みに対して探偵事務所M&Mは対応することができます。プロの探偵の力を総動員して証拠を集めるために努力します。さまざまなテクニックや機材を駆使して、探偵の豊富なノウハウを用いて、期待に応えるます。

探偵事務所M&Mの浮気調査について詳しく見る。

10年前の浮気で慰謝料は請求できる?

10年前の浮気の慰謝料を請求できるかどうか説明します。

慰謝料の請求期限は浮気の事実を知ってから3年以内

慰謝料には時効があります。それは、損害や加害者を知ってから3年間です。したがって、10年前の浮気が10年後に発覚したケースでは、請求することはできます。そのため、10年前の浮気についても、状況次第では相手に責任を求めることは可能です。

離婚慰謝料は離婚時から3年以内

仮に10年前の浮気の慰謝料を請求できなくても、離婚できた場合には、離婚慰謝料を受け取れます。離婚時より3年経過するまで請求可能です。

10年前の浮気で慰謝料をいくら請求できるのか?

10年前の浮気について慰謝料をどのくらい請求できるのか解説します。

慰謝料の相場

浮気による慰謝料の相場は100~300万円程度とされます。10年前の浮気の場合でも、このくらいの金額を請求できるでしょう。

個々の状況によって慰謝料は大きく異なる

慰謝料は個別の状況によって大きく異なるものです。不貞行為の回数や浮気していた期間などによって、金額は変わります。実際にどのくらいのお金を得られるのかは、個別の状況を考慮しないとはっきりしたことはわかりません。

探偵事務所M&Mなら弁護士を紹介できる

10年前の浮気に関して、できるだけ高い慰謝料を請求したいならば、弁護士への相談は欠かせません。弁護士であれば、裁判の手続きから対策まですべてを任せることができます。それぞれのケースに応じて、可能な限り高額なお金を請求するために尽力してくれます。探偵事務所M&Mは弁護士と提携しているため、希望があれば弁護士の紹介をすることが可能です。

まとめ

10年前の浮気であっても、時効が成立していなければ慰謝料を請求することは可能です。また、10年前の浮気によって夫婦仲が悪くなったならば、結果的に離婚できる可能性があります。10年前の浮気の証拠を集めたり、裁判で慰謝料を請求したりするときには、ぜひ 探偵事務所M&M までご相談ください。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!