【探偵事例】遠距離不倫は今や当たり前!不倫を疑ったら取るべき行動と対策

近年、遠距離不倫が急増しているのをご存じでしょうか?

「夫(妻)は休日だって家にいるし、毎日帰宅してるから不倫なんてないでしょ…」
と安心しきっている方、本当に大丈夫でしょうか?

遠距離不倫を続けるカップルの中には、距離を味方につけバレないように愛を育んでいることもあります!

しかも、遠距離不倫をしている人の中には「なかなか会えないからこそ燃える」なんて声もあるほどですから、実際に自分のパートナーが遠距離不倫をしていても気づけないケースもあるでしょう。

本記事では“パートナーが遠距離不倫しているかもしれない”と不安や悩みを抱えている方に向けた記事になります。

「実際に遠距離不倫をしていた方の事例」の紹介、そして次に「遠距離不倫を疑ったらどのような行動を起こすべきなのか」を解説いたします。遠距離不倫にお悩みの方にとって有力な情報も記載しておりますので、最後まできちんと読むことであなたの悩みも解消できるかもしれません。

探偵事務所が調査した同窓会不倫の実情

【事例①】 最近夫の出張が増えた・・・

事例その1

「夫(対象者)の出張が増えた…」と、当社にご相談をされたのは30代女性(依頼者)でした。

探偵事務所に相談するまで

奥様(依頼者)と旦那様(対象者)は結婚して4年目を迎えており、旦那様は大手企業に勤めています。

半年前の冬ごろからやたら出張の回数が増えたため、奥様はおかしいと感じていました。旦那様にそのことを問い詰めると「仕事なんだから仕方ないだろ」と怒り口調で言われたそうです。また旦那様が夜中に隠れて誰かと電話しているのも奥様は偶然聞いていたようです。その時の内容は聞こえなかったのですが、浮気への疑惑は深まったとのこと。

旦那様への不信を抱えたまま生活していた奥様ですが、ある日旦那様のクレジットカードの明細書を見つけて、見てみると多額のお金を使っていることが発覚。

宿泊費や交通費は会社から支払われているはずなのに、どうしてこんなにお金を使っているのか、奥様は不安になり当社へ浮気調査の依頼をされました。

浮気調査開始

旦那様の次の出張日を奥様からお聞きしていたので、その日に向けて当社も万全な準備を行いました。そして出張へ向かう朝に自宅から旦那様を尾行。

調査を実施したところ、出張先は隣の県で業務を終えた旦那様は、夕方取引先と会食しておりました。その後、旦那様は二次会には参加せず一人で繁華街へ向かうと、とあるスナックへ入店。

お店の近辺で調査員が張り込みを行うと、深夜の閉店後スナックの従業員の女性と店を出た旦那様は、タクシーで宿泊先のホテルへ向かい二人で部屋へ入りました。
翌朝チェックアウト後に旦那様と別れた女性を追い、自宅を突き止めました。
翌月の出張でも、旦那様は同じスナックを訪れ、同女性をホテルに連れ込んでいました。

調査報告後、奥様は冷静に旦那様と話し合いをしたそうです。旦那様は猛省をして、出張先では携帯電話のGPSをオンにしておくなど、不倫を疑われることがないような行動をとると言ってきたとのこと、奥様も今回は許すことにされたそうです。

【事例②】妻が浮気しているかもしれない ・・・

事例その2

「妻(対象者)が浮気しているかもしれない」と当社にご相談をされたのは30代の男性(依頼者)でした。

探偵事務所に相談するまで

旦那様(依頼者)と奥様(対象者)は結婚して10年目、共働きでお子さんはおりません。

奥様は、コンサートに行くのが趣味だったため週末などは遠征で地方に足を運んだりもしていたそうです。旦那様は「週末に奥様と一緒に過ごせないことは不満だったが、それ以外は家事もしっかりやってくれるし何も不満はなかった」と仰っておりました。

しかし、ある時期から「コンサートでできた友達と電話してくる」と言ってわざわざ車に移動して電話をするようになった奥様。しかも、2日に一回のペースで長電話をしていたとのこと。

そして「今週コンサートに行くけど、そのあと友達と遊びたいから4日くらい帰らない」と奥様は旦那様に言ってきたことで、旦那様もさすがに怪しいと感じ、当社へ浮気調査の依頼をされました。

浮気調査開始

旦那様から奥様がいつコンサートに行くのかをお聞きしていたので、その日に調査を実行いたしました。

奥様は旦那様に車で送られて駅まで向かうと、新幹線に乗り都内から東北まで向かっておりました。新幹線を下車すると、奥様はロータリーに停まっている車の助手席に乗り込んだ様子を目撃。運転席には男性がいました。調査員はタクシーに乗り二人が乗る車を追うと、アパートの駐車場に車が止まり、二人は部屋の中へ。

夕方になると、コンサートに向かう二人の姿が確認できました。コンサート後は、二人でお食事をし再びアパートへ戻られました。

奥様は、その晩男性の自宅に宿泊。その後も調査を続けると四日間男性の自宅に宿泊しており、ショッピングモールでデートをする姿も確認できました。

後日、旦那様に調査報告を伝えると夫婦は話し合いをされたとのこと。奥様は不倫を認め不倫相手に本気だということを明かしたそうです。さすがに旦那様も奥様の身勝手な行動に呆れて、不倫相手に慰謝料を請求し奥様とは離婚されました。

遠距離の不倫を疑ったらチェックしておくべきポイント

遠距離での不倫は普通の不倫以上に会う頻度が少ないため、見破ることが難しいです。しかし遠距離で不倫をする人にはいくつかの共通点があるので、ポイントを知ることで不倫を見破ることができるかもしれません。

パートナーの不倫を疑っているのでしたら、一度こちらのチェックポイントを読んでいただき、最近のパートナーの行動を振り返ってみましょう。

身だしなみを気にするようになった

遠距離恋愛以外でもそうですが、恋愛をすると身だしなみを整え、おしゃれに気をつけるようになるのは老若男女を問わず見られる傾向です。

これまであまり身だしなみを気にしていなかったパートナーが急に香水をつけたり、アクセサリーをつけるようになったら注意が必要です。

お土産を頼んでみよう

パートナーが出張や旅行で家をあける場合は、行先とは別の地方にいる不倫相手のもとに行ってる可能性もあります。

パートナーの出張先の名産物を、お土産に頼んでみましょう。それでパートナーが渋っているようでしたら、遠距離不倫をしている可能性があります。

電話をかけてみる

パートナーが出張や旅行と称して遠距離不倫をしている場合は急に電話をかけるのも効果的です。

電話の向こう側から聞こえてくる周囲の音や話し声に耳をすまし、さりげなく探ってみましょう。もし何回も電話をかけても出なかったり、折り返しすらこない場合は不倫相手と一緒にいる可能性があるので要注意です。

お金の使い方が変わる

遠距離不倫は会いに行く交通費や宿泊費、男性の場合は不倫相手との食事代やプレゼント代など、お金がかかります。したがって遠距離不倫をしている場合は、あなたに対してケチになる傾向があります。

不倫相手と会うための費用を貯めるためにお金を節約しているのかもしれません。本人は気付いていない場合もありますので、収入が変わらないのにお金の使い方が変わっている場合は、注意が必要でしょう。

スマホを肌身離さない

遠距離不倫問わず、不倫をしている人はスマホを手放そうとしません。理由としては不倫相手からの連絡にすぐ対応したいのもそうですが、パートナーにスマホを見られるようなことがあっては困るからです。

また遠距離不倫はお金や時間の都合上、頻繁に会うのは難しいため不倫相手と連絡を取り合うことを大事にする傾向にあります。

浮気・不倫を見つけてしまった場合はどうする?

浮気・不倫を見つけてしまった場合はどうする?

パートナーの不倫が発覚した場合に、多くの方は離婚を考えるでしょう。しかし、感情任せで離婚を決めても大丈夫でしょうか?パートナーの裏切りは許せませんが一度冷静に考えてみましょう。

相手を許す気持ちがあるなら慎重に行動すること

パートナーの不倫が発覚して以降、裏切られた怒りや悲しみ、失望感など色々な感情に襲われ、精神的に辛い状況が続きます。「パートナーの不倫を許すべきかどうか」、「許すならどのように気持ちを切り替えるか」悩んでいる方も多くいるでしょう。

焦ってどうにかしようと行動を起こすのではなく、自分と相手にとってどのような結末になるのが一番幸せなのか考えてみてください。

今だけ自分の感情を抑えることで、その後の生活が幸せになるのなら我慢も選択肢の1つになることでしょう。

まずは冷静になって、自分にもう一度問いかけてみましょう。

許せない!離婚!慰謝料!と考えている場合は、とにかく行動しないこと

パートナーの不倫が発覚し、「許せない!」「離婚だ!」「慰謝料!」となることは当然あります。相手の不貞を立証できる証拠を掴むことができていれば、慰謝料を請求し、離婚をすることも可能です。

そのためには、証拠集めをしなければなりません。証拠集めを自分で行うのは案外難しいものです。例えば、パートナーのスマホを勝手に見たりした場合はプライバシーの侵害になり違反な行為です。

あなたの行動次第では逆にパートナーに訴えられ、浮気・不倫をしているパートナーよりも不利な立場になる場合もあります。

自分で証拠集めをする前に探偵事務所に浮気調査の相談をするのも1つの選択肢です。

千葉県の浮気調査なら探偵事務所M&M