探偵になりたい方必見!探偵の仕事内容や必要な技術をご紹介します!

こんな人に最適な記事です!

・探偵になろうか迷っている方!

・探偵はどんな仕事をしているのか知りたい方!

ドラマや小説の中では、どこからともなく現れた探偵が、難事件を鮮やかな推理力で解決したり、警察と協力して真犯人を逮捕するという場面をよく目にします。

しかし実際の探偵は、決してドラマなどのような仕事内容ではありませんよね。浮気調査や素行調査、企業調査など、相談者の依頼を受けて様々なことを調べるのが主な業務内容です。

とは言っても困っている依頼人を助けたり、素人では難しい調査を専門に行ってくれたりと、人の役に立つ仕事であることには変わりありません。今回はそんな探偵の仕事内容や、持っていると便利な資格などをご紹介。

探偵という仕事にちょっと興味のある方から、転職して探偵になりたいと真剣に考えている方までぜひご覧ください。

この記事を最後まで読むことで

・探偵の仕事内容がよくわかる

・探偵になるにはどうすればいいのか理解できる

探偵になるための二つの方法とは?

探偵になりたいと思ったとき、どのような方法があるのかご存知ですか?

実は探偵になるための技術を養成する「探偵学校」などもあることはありますが、通学の場合は何日も通わなければならない上に、数万円~数十万円ほどの費用が掛かります。そのため手っ取り早く働きながら探偵の技術を学びたいと考えている方には、時間や費用が無駄になってしまうことも。

こちらの記事では、主に実務を経験しながら探偵になりたいと考えている方を対象に、探偵になるための方法を二つご紹介していきます。

探偵事務所に就職する

探偵を仕事にするための一番の近道は、既存の探偵事務所に探偵として就職することです。どんな小さな町でも一つや二つは「○○探偵社」「○○探偵事務所」などの探偵事務所が存在します。

そこにアルバイトや正社員として入社することで、働きながら探偵のノウハウを学べます。特に最近では探偵の経験がない方でも就職ができるようになっているため、入社後は新人研修や先輩探偵について実際の業務を行いながら、探偵の仕事を覚えることになります。

探偵未経験の方でも働きながら学べるシステムが構築されているため、探偵になるには一番早い方法と言えます。

探偵業を開業する

一匹狼の探偵を目指すなら、自分で探偵業を開業する方法もあります。

日本で探偵業を開業するには 「探偵業届出証明書」 というものが必要になります。これは探偵業を開業する前までに、管轄の警察署を通じて公安委員会へ届けることで、この証明書が発行されます。

ただしこの探偵業届出証明書を得たとしても、次の日から探偵の仕事がすぐ舞い込む訳ではありません。まずは依頼者を探さなければなりませんし、そのためには看板を立てたり広告を出す必要も。名前を売るために結構な費用が掛かってしまうため、よほど自己資金が潤沢でない限りはあまり現実的な方法ではありません。

探偵ってどんな仕事をするの?

それでは実際に探偵はどんな仕事をしているのでしょうか?よく聞く浮気調査や素行調査などは、個人を対象とする調査です。探偵事務所ではそのほかにも、企業に関する調査や、一般にはあまり聞きなれない信用調査なども行っています。

そして探偵事務所は民間の団体となるため、扱う業務の多くは民事ということになります。つまり警察や警備会社では対応しきれない業務を、探偵事務所が担っているのです。例外的にストーカーや不審人物の調査、保険金詐欺の調査などもありますが、ほとんどの場合は依頼者が関係している「もめ事」などを代行して解決に導く仕事です。

浮気調査

探偵の仕事内容で一番多いのが、浮気調査です。夫や妻、パートナーの行動が怪しく、「もしかして浮気してるんじゃ…」と心配している方の依頼を受けて、相手の行動を調査して、浮気の証拠を掴んだり、浮気相手の素性を調べます。

一見素人でも簡単にできそうですが、お互いに顔を知っている間柄のためこっそり後を付けるのは難しく、動揺して冷静な行動が難しいのが現状です。そのため浮気調査は、プロの探偵の技術が最も必要とされる調査業務の一つといえるのではないでしょうか。

素行調査

主にパートナー以外の人の調査をするのが、こちらの素行調査です。例えばお見合いで知り合った相手が結婚相手としてふさわしいのかや、子供が親の目の届かないところで遊んでいないかという依頼にこたえます。

仕事内容は浮気調査と同じように尾行や張り込みによって、対象者の行動を調査します。場合によっては近隣の住民に聞き込みをすることもあります。

人探し調査

家出した家族の行方を捜してほしいという依頼や、かつてお世話になった人を見つけてほしいという要望をかなえるのも、探偵の大切な仕事の一つです。ただし、その人がいなくなってから時間が経っていたり、手掛かりが少なすぎると人探しの難易度が上がってしまうこともあります。

個人信用調査

個人に対する信用調査とは、対象者の経済状況や勤務先、交友関係を調べたり近所への聞き込みをすることで、 その人物が信用できるかどうかを調査するというもの。実は借金があったという事実や、二重生活をしていたなどを暴くことで、依頼者が不利になったり騙されるのを防ぐ調査です。

企業信用調査

企業に関する信用調査は、個人に対する信用調査とは違い、新たに取引を開始する際や合併など、企業間での連携が持たれる時に必要な調査です。特に会社の経営状況や仕事の評判、経営者に借金がないかなどを調査。取引候補が複数社ある場合に、その選定材料とすることもあります。

その他の調査

上で紹介した調査以外にも、探偵は様々な調査を行います。例えば近隣トラブルやいじめ調査、盗聴器調査やセクハラ調査など。こんなことを探偵にお願いするのはちょっと…とはばかられるような内容でも、探偵社によっては調査が可能な場合もあります。

持っていると便利な資格

探偵になりたいと思っているけど、どんな資格を持っていると就職や転職に便利なの?という方には、必要な資格や持っていると有利な資格などをご紹介。本気で探偵の仕事を考えている方は、次にあげるような資格を取得すると良いでしょう。

普通免許や自動二輪免許

探偵に一番必要な資格は何といっても自動車免許です。張り込みや追跡などで車を使うことが多いため、運転免許は必要。さらには車が渋滞している道でも進める、バイクを運転できるなら探偵社への就職もしやすくなります。特に排気量が50~400㏄のオートバイが運転できる、自動二輪免許を持っている方は探偵になるのに有利ですよ。

行政書士などの士業資格

探偵という仕事は 「探偵業法」 という法律によって、禁止事項や業務の範囲が定められています。また依頼人から預かった個人情報や、調査によって得られた個人情報を適切に取り扱わなければなりません。

そのような意味でも、探偵はさまざまな法律を知っておかなければならないのです。行政書士や弁護士などはそれらの法律に詳しいことはもちろんですが、調査を行った後の訴訟や、公的文書作成にも役立ちます。特に浮気調査では、内容証明や離婚協議書、公正証書の作成が必要となる場合もあるため、行政書士の資格があれば、通常の探偵業務の他に文書作成も請け負うことができるのです。

探偵業務取扱主任者

一般財団法人 日本調査業協会が行っている資格試験に合格すると得られる資格です。主に張り込みや尾行、撮影などの探偵に求められる技術レベルが一定以上あるかをはかるために、2008年から試験が始まった資格。ほかに関係法令に関しる知識が身についているかについても認定されるため、この資格を持っていることで探偵に必要な技術や知識があると証明ができます。

探偵に必要な技術や知識

ここまで持っていると探偵になるのに便利な資格をご紹介してきましたが、探偵にとって必要な技術や知識なども見ていきましょう。これからご紹介する技術は、素人が容易に身に着けられるものではありません。実際に探偵として業務を行うことで徐々に身についていきます。

すでに探偵として業務を行ったことがあり、探偵に必要な技術に自信がある方が他の探偵事務所に転職する際には、最大のアピールポイントになるでしょう。

尾行技術

探偵にとって最も大切な技術の一つ目は、こちらの尾行技術です。単に人の後ろを歩くだけはなく、辺りをきょろきょろと見回したり、何度も後ろを振り返る警戒心の強い対象者にも気づかれることなく尾行をしなければなりません。

対象者が突然、タクシーやバス、電車などの交通手段を使うことも考えられるため、状況を素早く判断し、臨機応変な対応が求められます。

張り込み技術

尾行技術と並んで探偵に必要なのが、張り込み技術です。現場は、人通りの多い繁華街だけでなく、静かな住宅街の場合もあります。たとえ車の中で張り込みをしていたとしても、知らない車がずっと同じ場所に停車していたら、周辺住民に怪しまれる可能性も。

そのような状況の中でも、張り込む場所をこまめに変える応用力や、長時間の張り込みにも耐える忍耐力が必要となります。

撮影技術

確実な証拠を得るには、決定的場面を逃さず撮影する技術も重要。カメラの操作方法はもちろんですが、動いている対象者に気づかれず撮影するためには、熟練の技術が必要になります。

まとめ

どうしても探偵になりたい方は、探偵事務所に社員やアルバイトとして入社すれば、たとえ未経験でも大丈夫なんですね。また自動車免許などの他に、自動二輪免許などの資格があるとより就職が有利になることも分かりました。

探偵に必要な張り込みや尾行などの技術は、入所した探偵事務所の研修や実地で身に着けることができます。探偵という職業にちょっと興味を持った方や、真剣に探偵になりたいと考えている方は、探偵事務所の門を叩いてみてはいかがでしょうか?

探偵事務所の求人について詳しく見てみる