LINE(ライン)で浮気がバレないための対策

ラインは便利な反面、多くの情報を含むため、浮気がバレる大きな要因の1です。そこでこのページでは、LINE(ライン)で浮気がバレないための対策を紹介します。

必ず通知はオフにする

ラインでメッセージを受け取ると、通知が来ます。デフォルトではメッセージの内容が表示されてしまいますが、メッセージを表示しない設定にしておきましょう。スマホの画面に表示されたメッセージが原因で浮気がバレてしまうというケースは多いです。

また可能であれば通知も完全にオフにしておくことをおすすめします。見られていないようで、意外と恋人は相手のスマホにラインの通知が増えると気がつくもの。「最近ラインがよく来てるけど、誰なんだろう?」という疑念を抱かれないように注意しましょう。

なおラインでは特定の相手を指定して通知をオフにすることができます。常時通知オフにしていると、逆に怪しまれる可能性もあるため、上手く利用しましょう。

会話相手の名前を変更しておく

ラインでは相手の名前の表示を任意で変えることができます。浮気相手の名前を同性の名前に変えておけば、ラインのトーク一覧を見られてしまっても、相手は見逃す可能性が高いです。

ただアイコンから男性か女性か予想がつくうえ、トークの中身も確認されることがあります。万が一名前が同性にも関わらず、トークの中身からトーク相手が異性であることがバレてしまえば、恋人はあなたの浮気を確信するはずです。

相手が既に浮気を疑っている場合にはトークの中身を確認されることもあるため、注意しましょう。

トークを非表示にしておく

トークを非表示にしておけば、トーク一覧に浮気相手とのトークが表示されることも、中身を確認されてしまうこともありません。トークを非表示にするのは、浮気をバレないための強力な手段です。

しかし「ライン 浮気」などでGoogle検索をすれば、浮気をしている人はトークを非表示にしているケースが多いことはすぐにわかります。

トークを非表示にするのは、やましいことがあると言っているようなもの。非表示リストを調べられて、非表示にしているトークが見つかる危険性を理解しましょう。

浮気相手とのトークを非表示にするなら、他にも複数のトークを非表示にして、「トーク一覧を見やすいようにしているだけ」と言い訳できるようにしておきましょう。

浮気相手を非表示にしておく

トークを非表示にしておいても、友達リストに知らない女性の名前があれば、それがきっかけで疑われてしまうこともあります。特に交友関係が狭く、知り合いが少ない人であれば注意が必要です。そこで浮気相手を非表示にしておくという方法があります。

ただ非表示リストを見られてしまえば、すぐにバレてしまいます。トークを非表示にする時と同様に浮気相手以外も複数人を非表示にしておいて、「全然連絡を取らないから非表示にしておいた」と言い訳できるようにしておきましょう。

LINE(ライン)のトーク履歴をこまめに消す

浮気相手とのラインのトークの中身を見られてしまうことは絶対に避けなければなりません。そこでラインのトーク履歴はこまめに消すことをおすすめします。いつ見られてもよいように毎日消すのもよいでしょう。

ただ浮気相手とのラインのトークだけが消えていると不自然です。「ラインが重くなったからトークを消した」と言い訳ができるように、他の人とのトークも一部削除しておきましょう。

なおラインのトークは浮気の証拠とならないケースが多いです。詳しくは次の記事を参考にしてください。探偵が教える!LINE(ライン)の浮気トークは証拠になる?https://tantei-mm.com/infidelity-investigation/line-talk-evidence/)

LINE(ライン)のアルバム内の写真も定期的に削除する

うっかり忘れてしまいがちなのが、ラインではトークを削除しても、アルバム内の写真は残っているということです。浮気相手と写真をトークに直接貼らずに、アルバムで共有している場合には気をつける必要があります。またノートの機能を利用している場合も同様です。

LINE(ライン)アカウントを複数持つ

ラインのアカウントは端末が別であれば、複数持つことができます。そこで恋人が全く知らないラインアカウントを持っておくのもおすすめです。

パソコンやタブレットでアカウントを作成しておいて、通知はオフにし、恋人の前では一切ラインをしないことを徹底すれば、別アカウントの存在を隠し通せるはずです。

出先などではラインの返事が遅くなってしまうので、浮気相手が自分自身が浮気相手だと理解している場合におすすめです。

ラインにパスワードを設定する

スマホのロックとは別に、ラインアプリにパスワードを設定し、ロックをかけることができます。ロックをかけておけばちょっとした隙にラインを確認されてしまうことを防ぐことが可能です。

しかしラインがロックされている時点で怪しいを思われてしまいます。浮気を疑われても、証拠さえバレなければ言い逃れできるという自信がある人でなければ、難しいです。

普段使わないようなスタンプを購入しない

浮気相手とのラインをするのが楽しくて、普段は使わないようなスタンプを買ってしまう人は男性に多いです。しかし女性は恋人の男性が普段使わないようなスタンプを持っていると怪しいと感じます。そのため段使わないようなスタンプは購入しないようにしましょう。

バックアップも削除する

トークを削除しても、油断できません。LINEトークは復元できる!削除したトークから浮気・不倫を見破る方法

https://tantei-mm.com/infidelity-investigation/line-talk-revival/

という記事で解説しているように、AndroidやiOSではラインのトークを削除しても、バックアップが残っています。「設定」→「ストレージ管理」からバックアップも削除しておくことを忘れないようにしましょう。

番外編:スマホを常に気にするのを辞める

恋人との関係がマンネリしている状態で、新しい恋人である浮気相手ができると、浮気相手から早くラインが来ないか気になって、スマホを気にすることが増えてしまうことがあります。

しかし今までスマホをそれほど気にしていなかった恋人が突然スマホを気にするようになれば、怪しいと思うはずです。一度怪しいと思われてしまえば、いつかはバレてしまう可能性は少なくありません。意識的にスマホを気にしないようにしましょう。

番外編:LINEをしている時に挙動不審にならない

浮気相手とラインをしている時に、恋人にラインの画面を見られないようにするあまり挙動不審になってしまう人もいます。しかし今まで何も気にせずにラインをしていた人が突然ラインをする時に挙動不審になれば、当然恋人は怪しむでしょう。挙動不審にならないように注意が必要です。

ライン以外の方法で連絡を取ることも考える

ラインで連絡を取ろうとすると、浮気バレ対策にも限界があります。恋人が既に浮気を疑っており、友達一覧やトーク、非表示リストやバックアップを頻繁に確認されてしまえば、いつかはバレる可能性が高いです。

そこでライン以外の方法で連絡を取ることも考えましょう。以下のように様々な方法があります。

  • メール
  • InstagramやtwitterなどのSNS
  • telegram(ロシアなどで有名なメッセージアプリ)
  • whatsapp(世界中で広く使われているメッセージアプリ)

なおカカオトークというアプリも浮気をしている人に使われることが多いですが、浮気している人や出会い系アプリを利用している人に使われていることが知られてしまっているため、危険かもしれません。

カカオトークを利用した浮気については次の記事を参考にしてください。

まとめ

このページではラインで浮気がバレないための対策を紹介してきました。現在浮気をしているという方が参考にすれば、浮気を隠し通せる可能性が上がるはずです。

また現在恋人が浮気しているかもしれないという方は、このページで紹介されている方法を理解しておけば、恋人の浮気を見抜くことができます。

なおラインで恋人の浮気が発覚した場合の対処法は次の記事で解説しているので、参考にしてください。