知っておきたい!浮気の見破り方。もし、浮気に気付いたらどうすればいい?

夫の行動が何となく怪しい、妻の様子が変わった気がする。一緒にいることが多い夫婦だからこそ、パートナーのそんな違和感が気になってしまうもの。「もしかしたら、パートナーが浮気をしているかも」と不安に思う方もいることと思います。

今回はそんな悩める方のために、夫や妻の行動から浮気を見破る方法と、その後取るべき行動について解説していきますので、参考にしてみてください。

浮気を見破るポイント

パートナーの行動がどこか怪しい。浮気をしているかもしれないと思ったとき、まずは事実確認をすることが大切です。

本項では携帯電話と行動から浮気を見破るポイントを紹介しますので、お悩みの方は以下のポイントをチェックしてみてください。

携帯電話編

まずは携帯電話の使い方から浮気を見破る方法です。 携帯電話は浮気相手と連絡を取るのに利用されることが多いので、以下のような使い方をしているなら、浮気をしているかもしれません。

携帯電話やメッセージアプリに、急にロックをかけるようになった

携帯電話などにロックをかけるということは、何か勝手に見られたくないものがあると考えて間違いありません。

確かに、例え友人からのメッセージであっても、見られたくないという方はいますし、ロックをかけているからといって、ただちに浮気をしているというわけではありません。

しかし、今まではそういうものに全く関心がなかったにもかかわらず、急にロックをかけるようになった場合は注意が必要です。もしかしたら、最近、見られたくない相手と連絡を取り始めたのかもしれません。

マッチングアプリがインストールされている

マッチングアプリは出逢いを求める男女を結びつけるツールであり、これを利用して恋人あるいは結婚相手を探すという方は今や珍しくありません。

しかし、既にパートナーがいる方には不要なものですし、そもそもマッチングアプリは基本的に既婚者の方の利用を禁止しています。使わないアプリをわざわざダウンロードしているというのは不自然ですし、浮気をしている、または、浮気とまでいかなくても、浮気をしたいという願望を持っていると言えるかもしれません。

ゲームアプリで頻繁にメッセージを送っている

先ほどご紹介したマッチングアプリやLineFacebookといったSNSは浮気相手と連絡を取るために利用されることが多く、パートナーの浮気を疑っている方もチェックしていることが多いのですが、意外と見落としがちなのがゲームアプリです。

ゲームアプリの中には、ユーザー同士でメッセージを送り合えるものがあり、これを使って浮気相手と連絡を取り合っているケースが少なくありません。

ゲームよりもメッセージを送ることに夢中になっていないか、チェックしてみてください。

行動編

携帯電話の使い方だけでなく、パートナーの日々の行動から浮気を見破る方法もあります。

携帯電話で浮気相手と連絡を取っている様子はないのに、何となく怪しいという方は、こちらの項目もチェックしてみてください。

頻繁な出張や残業が増えた

今まで出張や残業があまりなかったにもかかわらず、突然増えたという場合は警戒した方が良いかもしれません。

というのも、浮気をする際に、残業や出張という言い訳がよく使われる傾向にあるからです。

そもそも出張や残業は、部署異動や昇進などで仕事内容が変わったり、新規の案件が始まりでもしない限り増加することは基本的にありません。

特段の事情がないのに出張や残業といって家を空けることが増えたという場合は注意しましょう。

友達との予定、仕事の飲み会が急に増えた

仕事や残業に次いで使われやすい、浮気をするときの嘘として「友達や仕事の付き合い」が挙げられます。

特に専業主婦(夫)の方は、ママ友とのランチ会に行くなどの理由を家を空ける言い訳として使いがちです。

また、料理教室などの習い事なども定番の言い訳ですので、異様に熱心である場合には注意してみてください。

理由の分からない出費が増えた

特に理由もないのに、何かにお金を使っているというのも浮気の兆候としてよく見られる行動です。

浮気をすると、何かと出費が多くなります。特に男性の場合は相手の分まで負担をすることも多いので、その傾向が強まります。 出張や残業に行っているだけのはずなのに、出費が異様に多い様子であれば、仕事ではなく浮気をしている可能性があります。

突然身なりに気を使うようになった

新しい服や化粧品が増えるというのも、浮気の兆候としては定番です。

遊びにしろ本気にしろ、浮気相手には格好良く、あるいはオシャレに見られたいと思うものですので、浮気をすると、いつも以上に見た目に気を遣うようになります。

服や化粧品以外にも、ダイエットや筋トレといった肉体改造や薄毛対策を始めるという場合もあります。

浮気に気付いたときのNG行動

携帯電話や行動をチェックした結果、パートナーの浮気疑惑が濃厚になった場合は一体どうすれば良いでしょうか。

強い憤りや悲しみを感じ、動揺しているかもしれませんが、実はそのときにやってはいけない行動があります。次のような行動をとってしまうと、あなたに不利な状況になってしまう可能性がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

感情的に問い詰める

パートナーの浮気に気付いたときに、一番やってはいけないのが問い詰めることです。というのも、浮気をしていると問い詰めたところで相手は基本的にそれを認めません。謝るどころか逆切れをしたり、あなたとの関係に居心地の悪さを感じて、ますます浮気にのめり込んでしまうというケースが大半です。

また、それだけでなく、浮気の証拠を隠されてしまうリスクもあります。こうなってしまうと、浮気の事実を確かめることは非常に困難です。浮気を問い詰めるのは逆効果ということを覚えておきましょう。

束縛、監視をする

今後浮気をさせないために過度に監視をしたり、束縛をしたりするのはNGです。こうした行為は相手に居心地の悪さを感じさせるため、結果的にパートナーの気持ちをあなたから遠ざけることになります。また、あなたが浮気を疑っていることが相手に伝わってしまえば、浮気の証拠を得ることも難しくなります。

浮気を止めさせるためにも、浮気の証拠を得るためにも、浮気に気付かないふりをして、相手を自由にさせておくのが良いでしょう。

何もしない

浮気の事実に気付いたとき、問い詰めたり、束縛したりするのはおすすめしないというお話をしましたが、真実を知るのが怖いからといって、浮気の事実を確かめずに放置するのもよくありません。パートナーに浮気の可能性があるのなら、情報を集めて事実確認をしておきましょう。

離婚を考えている方のみならず、離婚をせずに夫婦関係を修復をしたいという方にとっても、証拠を集めておくことで、夫婦関係を修復するための材料にできたり、あるいは相手からの離婚請求をされた場合に拒否できたりなど、あなたにとって有利にことを進めることができます。

あなたの望む結果を得るためにも、証拠集めはしっかりと行いましょう。

まとめ:浮気に気付いたら、証拠を集めておくことが重要

パートナーの浮気の兆候は、携帯電話や行動からある程度うかがい知ることができます。しかし、浮気疑惑が浮上したときに、感情に流されて相手を問い詰めたり、見て見ぬふりをするのはよくありません。そういうときこそ、証拠を集めて、事実確認をしておくことが重要です。

しかし、1度浮気に気付いてしまうと、冷静でいるのは難しく、上手く証拠を集められなかったり、浮気を疑っていることがパートナーに気付かれ、浮気の証拠を隠されてしまうといったリスクも大きいものです。

リスクを侵さずに浮気を見破りたいなら探偵事務所MMに依頼をするのがおすすめです。探偵事務所MMは浮気・不倫調査に力を入れており、確かな実績があります。また、弁護士も紹介してくれるので、慰謝料請求や裁判離婚をする場合も、最後まであなたの力になってくれます。

無料相談も行っていますので、パートナーの浮気疑惑でお悩みの方は1度相談してみるのが良いでしょう。