探偵ブログ

旦那がおばさんと不倫⁈5つの理由&不倫を終わらせる方法

旦那の不倫相手の顔を見てビックリ!かなりのおばさんでショックを受けたという方はいませんか?どうして妻である自分よりもかなり年上の女性を相手にするのかと、旦那が理解できなくなるでしょう。

しかしそこには旦那さんなりの理由があります。この理由を理解することで不倫を止めさせたり、今後の夫婦関係を改善することができるようになります。

旦那の不倫は自分たち夫婦関係を見直すきっかけだと考えて、正しい方法で不倫を終わらせ、旦那の気持ちを自分に向ける努力をしましょう。

[cc id=17553]

旦那がおばさんと不倫する理由

旦那の不倫相手を知って、かなり年上の普通のおばさんをなぜ相手にするのかなかなか理解できないこともことあるでしょう。ここでは旦那の心の内をのぞいて、おばさんと不倫する5つの理由について解説していきます。

1.甘えたい気持ちがある

男性はいくつになっても女性に甘えたい気持ちがあります。年上の女性ならそれを許してくれるのでは?という理由で、おばさんと不倫をする人もいます。

特に家の中では大黒柱として家庭を引っ張っていかなきゃと強がっている男性や、世間体を大切にする外面の良い男性は、プライドが高く普段妻に甘えられない分、他で癒しを求めてしまう傾向にあります。

仕事や上手くいっていない時や心が弱っている時に優しく甘えさせてくれる年上女性が現れたら、コロッといってしまうという訳です。

2.罪悪感を軽くするため

大変身勝手な理由ですが、自分よりかなり年上のおばさんを相手にすることで、不倫をしている罪悪感が多少薄れるという意見があります。とはいえ女性から見たら相手が年上だろうが年下だろう不倫の事実に変わりありません。

3.自分が優位でいられる

自分に自信がなく普段奥さんの尻に敷かれているような旦那ほど、不倫相手には優位に立ちたがる傾向があります。おばさんは自分より年上ということで、若い自分に負い目があるということを敏感に感じ取っているのでしょう。

4.単なる女好き

おばさんを不倫相手に選ぶ旦那は、単なる女好きという場合があります。自分に好意がありそうだと感じ取るとすかさず口説いてみたりと、女性なら誰でもOKという人も少なくありません。

男性は女性よりも年上・年下・既婚者など色んな異性を知りたいという欲求があります。こういう男性は不倫を完全に遊びと割り切って、女性に対して本気になることは少ないでしょう。

5.割り切った付き合いが出来そう

おばさんなら割り切った付き合いが出来そうという理由もあります。適齢期の若い子を相手にすると「いつになったら離婚してくれるの?」などと後々面倒になるようですが、不倫相手も結婚していればそういった心配が少ないようです。

また顔やスタイルが特にいいわけでもないおばさんは、女としてのガードが甘く、関係が出来てもあとくされがなさそうと思っている場合があります。

年上女性との不倫を終わらせるには?

旦那の不倫関係を終わらせるにはいくつかの方法があります。自分の旦那とおばさんが不倫をしていると知って間もないという方は参考にしてみましょう。

証拠を掴んだら冷静に話し合う

旦那さんの不倫を知ったら、感情的にならずお互い冷静になって話し合うよう努めましょう。不倫を知った直後は、とかく頭に血が上って大声で怒鳴ったり泣きわめいたりしがちです。

そうなると相手も逆上したり、逆に何もしゃべらなくなってしまいます。特に男性は妻が責め立てると、弁解しても無駄だと思うのか嵐が過ぎるのを耐えているのか黙ってしまう人が多くいます。

まずは自分が冷静になり、旦那さんに不倫の事実を聞くことが大切です。いざという時の証拠を握っていれば、あなたが話し合いの主導権を握ることができ、有利に話を持って行けるでしょう。

不倫相手に慰謝料請求

旦那に何も言わず不倫相手に接触して、いきなり慰謝料を請求することも不倫関係を終わらせるのに有効です。まずはあなたが精神科を受診して心身が弱っているとの診断書を取りましょう。

その診断書と不倫の証拠を持って弁護士事務所に相談に行けば、弁護士が慰謝料請求の文章を作成し、内容証明郵便で不倫相手に郵送してくれます。相手の身元が分からない場合は探偵事務所に依頼すると調べてもらえます。

その際には二度と旦那に接触しないということを約束させ、もし約束を破った時は慰謝料の倍額を請求するという誓約書を書かせると一層効果があります。

ハッキリしない旦那を相手にするよりも簡単に不倫を終わらせられる場合もありますので、専門家の協力の元で不倫相手に慰謝料を請求することを考えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

探偵はどこまで調べられるの?調査できる内容を紹介!

夫を責めず自分の気持ちを伝える

夫婦で話し合いをする時には、相手を責めずまず自分の気持ちを伝えることをこころがけてください。人間は自分が攻めらるとどうしても防御しようとして反論したり感情的になったりします。

話が前に進まないばかりか、旦那に「もう離婚だ!」と逆切れされることもあります。これでは落ち着いた話し合いができません。

まずは旦那に「不倫でこんなに傷ついた」「とても悲しい思いをした」と自分の気持ちを伝えましょう。ポイントは「あなたは…」と主語を“You”にするのではなく、「私は…」と主語を“I”にして話すことです。

主語を“I”にすると男性は自分が責められていると感じにくく、相手の言葉がすんなり耳に入ってくるようになります。

子供や親を巻き込む

場合によっては義両親や子どもを巻き込むのも一つの方法です。特に年老いた自分の両親が悲しんでいたり、子供が辛い思いをしていると分かると、目が覚めて不倫を止めて家庭に戻ってくる男性がいます。

とはいえ子供に父親の不倫について話すのはおすすめできません。特に子供が小さいうちはそのような事実を伝えない方が良いでしょう。自分のせいで両親の仲悪くなったと、いらぬ罪悪感を持つ子供もいます。

子供を巻き込む場合はあくまで間接的に、子供が父親の不倫をうっすら気づいている場合に限って、夫に不倫を止めるよう訴える材料にしましょう。

良い妻を急にやめてみる

意識していい妻になろうと思っている方は、思い切って止めてみるのもおすすめです。「良い妻になると旦那が不倫を止める」と教える本やネットの情報がありますが、妻が黙って知らないふりをしていても決して不倫は終わりません。

そればかりか「妻は全く気付いていない」と図に乗って益々不倫に励むか、引き続きバレないように水面下で不倫をするだけです。

「旦那が他の女性に気持ちが移るのは自分が至らないからだ」と良い妻になろうと努力している方は一旦それを中断して、普段の自分に戻ったり突然不機嫌になったりしてみましょう。

妻の変化に気づいた旦那さんは「もしかして愛想をつかされた?」「離婚を考えてるのか?」と不安になります。次第にこのまま不倫を続けているとダメだと自分の行動を振り返り、真剣に不倫を止めることを考えるようになるでしょう。

[cc id=17553]

旦那をおばさんから自分へ取り戻すために

おばさんとの不倫を終わらせても、旦那さんの気持ちを自分に再び向けるにはすべきことがあります。自分の心と体に無理しない程度に、次のことに取り組んでみましょう。

外見や内面を磨く

旦那さんの気持ちを自分に向けるには、生活に疲れてやつれた外見を磨いたり、新しいことに挑戦したりして内面を磨く努力をしましょう。やはり男性はいくつになっても女性らしい外見の女性や輝いている女性に魅力を感じます。

子育てや家事に追われて自分の外見に構う余裕がなかった女性でも、旦那と付き合った頃や結婚したばかりの頃のことを思い出して、美容院に行ったり普段でも化粧をするようにして自分を磨きましょう。

内面を磨くには新しいことに挑戦したり、興味のあることに打ち込むことがポイントです。好奇心があり様々なものに心を動かされる人というのは、年をとっても魅力的に見えます。

夫の話は面倒がらず聞く

いくら家事や仕事が忙しくても、旦那さんの話はなるべく聞くようにしましょう。家では子供の父親として、会社では上司や部下として過ごさなければならない男性は、愚痴やストレスを発散できる場所がありません。

せめて妻といる時はそのような重圧から逃れて、一息つける雰囲気を作ってあげましょう。どんな愚痴でも面倒がらずに聞いてあげると、次第にあなたを信頼して頼れる相手だと再認識するようになります。

時には夫を甘えさせてあげる

時には旦那さんを思いっきり甘えさせてあげることもポイントです。結婚して何年経っても夫婦だけの時間は大切にしましょう。子供が寝た後など夫婦水入らずの時間を作ることが、旦那の不倫予防につながります。

長年スキンシップがないという夫婦は、旦那さんの体をマッサージしてあげることから始めてみてはいかがでしょうか?あくまで自然に、無理しない程度にするのがポイントです。

不倫を忘れる努力をする

もし再構築を目指すなら、旦那が不倫したという事実を忘れる努力をしましょう。とはいえ事実を知った直後は何かのタイミングで嫌な気持ちが思い出され、フラッシュバックにより様々な症状が体に現れる場合があります。

そういった時は自分の気持ちを無理に押し殺してしまうと、心身に不調をきたしてうつ病になることも考えられます。辛い気持ちは無理せず吐き出して、自分が楽になる努力をして下さい。

辛い時期が過ぎて不倫の事実を自分なりに受け止め、旦那ともう一度やり直そうと思ったら、その時は前を向いて不倫を忘れる努力をしてみてください。

いつまでも過去の不倫を持ち出されて、グチグチ妻に言われたのでは家庭が居心地の悪い場所になってしまいます。旦那を許すと決めたからには、なるべく不倫の話題に触れないように気を付けましょう。

自分が幸せになれる方法を探す

旦那を取り戻すためだけでなく、自分の未来のためにも幸せになれる方法を探すことが大切です。不倫は自分と旦那の関係を見直すチャンスだと考え、果たしてこのまま旦那と一緒にいても幸せなのか自分に問いかけてみてください。

その結果として離婚を選ぶという人もいるでしょう。また子供が自分の幸せだと思えば、子供のために旦那とやり直そうと決意する人もいます。

自分が幸せでないと他人を幸せにすることができません。後悔しない生き方の女性は、他人が見てもとても魅力的です。自分の幸せを大切にすることは、結果的に旦那の心を取り戻すことにも繋がるはずです。

おばさんと不倫したのは旦那なりの理由がある

旦那さんがおばさんと不倫したと聞いて「どうして?」という疑問が頭を駆け巡る女性も多いでしょう。しかしそこには旦那なりの理由が存在します。

自分と旦那さんとの関係を見直す意味でも、「どうして不倫をしたのか」「どうして年上女性なのか」ということをしっかり話し合うことが大切です。

夫婦が元の関係に戻るには、旦那さんが自分の意思であなたのもとに戻ってこようと思わなければなりません。不倫関係を終わらせた後は、旦那さんを再び自分へ取り戻すために自分なりに努力をしていきましょう。

あわせて読みたい

旦那の浮気癖が酷すぎる!浮気の理由と妻ができる対処法とは?

[cc id=17553]