浮気した旦那に「離婚したい」と言われたときの選択肢は3つだけです!
  • 浮気している旦那に「離婚したい」と言われて、どうすればいいか答えが出せない方
  • 究極の選択を迫られたときの心構えを知りたい方

信頼していた旦那から突然の離婚宣言・・・

しかも旦那は浮気・・・

あなたは“怒り”“不安”から、この先どのようにすればいいか冷静に考えられないのではないでしょうか。

実は浮気した旦那から「離婚したい」と言われた時の選択肢としては以下の3つしかないことはご存じでしょうか。

  • 浮気を許して旦那と離婚しない
  • 浮気を許さず離婚する
  • 浮気・離婚について判断を保留する

少しひどい言い方になってしまいますが、あなたがどのような状況・心境であるにしろ、この3つから選択しなければいけません。

本記事ではあなたがどの選択を選んだとしても、「後悔しない選択だった」と言えるように、それぞれの選択肢で具体的な行動指針や行動する際の注意点を解説しています。最後までしっかり読んでいただいて後悔しない選択をしてください。

この記事を最後まで読むことで
  • 後悔しないための行動を起こすことができる
  • 気持ちの整理ができる

浮気を許して旦那と離婚しない

浮気した旦那のことは許して、離婚には応じないという選択肢があります。この選択をするときのポイントについて解説しましょう。

旦那とこれからも暮らしたいのか考える

浮気した旦那から「離婚したい」と言われたならば、自分の意思を決めなければいけません。果たして、旦那とこれからも暮らしたいのか、それとも暮らしていくのは難しいのか、自分と向き合ってみましょう。旦那に対してまだ愛情や未練などが残っている場合は、暮らしたいと思うものです。じっくりと考えて自分の正直な気持ちを探りましょう。

旦那の浮気を許せる場合は離婚したくない意思を伝える

重要なことは、旦那の浮気を許すことができるかどうかです。もし、旦那の浮気を許せて、なおかつ今後も暮らしていきたいという気持ちがあるならば、旦那に離婚したくないという意思を伝えましょう。

自分は浮気を許していると伝える

浮気した旦那が「離婚したい」と言っているのは、あなたが浮気を許してくれないことを前提にしている可能性が高いです。そこで、まずはあなたが浮気を許していることをきちんと伝えましょう。そうすれば、「離婚したい」と言っていた旦那の気持ちが変わるかもしれません。あなたが浮気を許すと表明することで、旦那は今後のことについて考え直す可能性があります。

周りの人に説得してもらう

どれだけあなたが旦那の浮気を許していると伝えても、「離婚したい」という意思を撤回してくれない可能性があります。この場合は、周りの人に説得してもらうとよいでしょう。あなたの言葉だけでは旦那の気持ちを動かすのには弱いかもしれません。そこで、家族や友人などの力を借りるのです。

自分に対する不満を打ち明けてもらう

そもそも旦那が浮気をしたのは、あなたに対して何らかの不満を抱えていたからかもしれません。だからこそ、浮気をして、離婚をしたいという気持ちになっている可能性が高いです。そこで、旦那に対して自分への不満を打ち明けてもらいましょう。そして、反省や改善するべき点は直して、誤解が生じている場合は訂正してください。

浮気の詳細を確認する

たとえ、旦那の浮気を許して、旦那が「離婚したい」という意思を撤回したとしても、浮気の問題はきちんと解決しておくべきです。浮気の問題を曖昧なままにしておくと、後でトラブルが再発する可能性があります。まずは、旦那に浮気の詳細な事実について説明してもらいましょう。誰といつから浮気していたのか、どういうきっかけで知り合ったのか、今も浮気は続いているのかといった問題をはっきりさせるのです。

誓約書を作成する

最終的に浮気を許して離婚を避けられたとしたならば、今後のために誓約書を作成しましょう。誓約書のなかでは、今後浮気をしないことを旦那に約束させます。浮気相手と二度と連絡を取り合わないといった内容も含めるとよいです。また、仮に浮気が発覚した場合に取るべき行動についてもまとめておきましょう。再び浮気相手と連絡したり密会したりしたときの慰謝料を記載しておくことも可能です。こういった誓約書を作成しておくことで、将来への不安はいくらか解消されるでしょう。

離婚せずに慰謝料を請求することも可能

浮気問題で離婚しない場合でも、旦那に慰謝料を請求することは可能です。旦那だけではなく、浮気相手から慰謝料を請求することもできます。

離婚しない場合でも気持ちの整理をつけるために旦那から慰謝料を請求するケースはあります。この場合は事前に浮気の証拠を集めておき、弁護士などの専門家に相談することでスムーズに解決できます。ただし、離婚した場合と比較すると慰謝料の相場は低くなっています。

探偵事務所M&Mは浮気問題に強い弁護士の紹介もさせていただいております。

慰謝料請求を検討される方は、ぜひ一度お問い合わせください。

浮気を許さず離婚する

浮気した旦那のことを許せないならば、相手の要求に答えて離婚するという選択肢があります。そのときに注意しておいたほうがよいポイントをまとめました。

直接話し合うのは避けたほうがよい

浮気のことを許さないということは、旦那に対して怒りなどの感情を強く抱いているということです。このような状態で直接話し合いをするのはリスクがあります。最初は冷静に話ができても、しだいに感情が高まっていき、それを抑えられなくなる可能性があるからです。そのため、浮気を許さず離婚することにしたならば、直接2人きりで話し合いをするのは避けましょう。

浮気の証拠を集める

離婚するだけであれば、両性の合意だけで成立します。しかし、浮気を許していないのであれば、慰謝料は請求したいものです。そのためには、旦那が浮気をしたという客観的な証拠が求められます。しっかりと証拠を用意することで浮気の事実を証明できて、慰謝料を請求する際に有利になります。仮に旦那が浮気の事実を認めず慰謝料の支払いに応じない場合でも、証拠があるならば裁判で決着をつけることが可能です。

プロの第三者を交えて話し合いを進める

実際に旦那と浮気について話し合いをするならば、弁護士などプロを交えることをおすすめします。そうすれば冷静に話し合いをすることができます。また、プロから客観的な意見や指摘を受けることが可能です。相手から有利な条件を引き出すためにもプロの存在は欠かせません。場合によっては、旦那と直接会わず、交渉などをすべて弁護士に任せてしまうという方法もあります。旦那に対する怒りが強くてまともに顔を合わせることすら難しい場合には、弁護士を代理人にすることも検討しましょう。

離婚後の生活プランについて考える

離婚をするならば、旦那と独立して一人で生計を立てる必要があります。もし、専業主婦をしていたならば、仕事を探さなければいけません。子供がいるならば、親権の問題があり、シングルマザーとして子育てするケースも出てくるでしょう。離婚すればこれまでと大きく生活環境が変わってしまうため、今後の生活プランについてしっかりと考えてから離婚について検討することが大切です。

離婚調停や裁判をする

離婚は夫婦の合意があれば可能ですが、条件がまとまらないとなかなか決着しないものです。自分達の話し合いだけでまとまらない場合には、離婚調停や離婚裁判という手続きに進みます。離婚調停では裁判所を介して話し合いを行います。それでまとまらない場合は裁判をすることになり、裁判所の判決に従うことになります。その際には浮気の証拠などを提示することが有利になるので、事前にしっかりと旦那の浮気の証拠などを集めておきましょう。

旦那の浮気の証拠を掴むには探偵事務所に浮気調査を依頼する方法があります。

浮気調査の料金や調査内容を詳しくみてみる。

浮気・離婚について判断を保留する

浮気した旦那からの離婚の要求について、それを受け入れるかどうか決められない人もいるでしょう。旦那の浮気について対応をすぐに決めることは難しいです。判断を保留するという選択肢について解説しましょう。

旦那やこれからの生活についてゆっくりと考えてみる

判断を保留するといっても、最終的には結論をつける必要があります。ゆっくりと旦那や今後の生活のことについて考えてみましょう。浮気を許すことができるのか、旦那に対して愛情は残っているのか、これから幸せな生活を夫婦で実現させることができるのか想像してみるのです。

浮気の詳細については調べておく

浮気について許すにしても、許さないにしても、事実をきちんと知っておくことは大切です。具体的にどのような浮気が行われたのか、真実を知っておくことで、これからのことを考えるのに役立つでしょう。その際には浮気の証拠も集めておけば、後で慰謝料を請求するときに役立ちます。

別居してみるという選択肢もあり

旦那とのこれからについて考える際には、一度旦那と離れてみることをおすすめします。離婚するわけではなく、とりあえず別居をして離れて生活してみるのです。そうすることで、気持ちを落ち着けることができ、自分の本当の気持ちに向き合うことができます。そうすれば、今後のことも少しずつ見えてくるでしょう。

第三者に相談する

浮気を許すかどうか、離婚するかどうかは大きな問題です。なかなか自分のなかで結論づけることができない人は多いでしょう。そんなときには誰かに相談してみることをおすすめします。家族や友人、信頼できる知り合いなどに自分の悩みを打ち明けてみましょう。そうすれば、客観的な意見を聞くことができます。

夫婦で定期的に話し合いをする

将来のことを考えるために定期的に夫婦で話し合いをすることは大切です。そこで、意見を交換することでお互いの気持ちが変化する可能性があります。たとえば、あなたが旦那の浮気を許せるようになったり、旦那が離婚したくなくなったりするかもしれません。話し合いの場を設けないと、そのままなし崩し的に離婚に至るケースもあるため注意しましょう。特に別居する場合は、お互いに顔を合わせる機会が激減するため、二人で約束をして話をする時間を作ることが大切です。きちんと話し合って、旦那の希望や不満などをすべて聞いて、こちらからも自分の気持ちを相手に正直に打ち明けます。そうすれば、後でどのような判断を下したとしても、後悔することはなくなるでしょう。

まとめ

浮気した旦那から「離婚したい」と言われたならば、まず旦那の浮気を許せるかどうか考えましょう。そして、実際に離婚するかしないか決めることになります。すぐに判断できないのであれば、一時的に判断を保留にするという選択肢もあるのです。この記事を参考にして未来のことを考えましょう。