【探偵事例】主婦はこうして不倫する!旦那が注意すべき5つのポイント

近年、主婦の不倫が増加傾向にあるのはご存じでしょうか?

“自分の妻に限って、不倫なんて”

と思っている旦那様も多くいるかもしれませんが、年々女性の結婚に対する価値観や貞操観念が薄れてきていることから、既婚女性の不倫は増加傾向にあるのが現実です。

また一時期、世間では「不倫ブーム」という言葉も出現して、男女の不倫が描かれたドラマが流行ったことがあり、それに火をつけられた主婦の方が好奇心で不倫に手を伸ばすなんて話もよく聞きました。

女性が不倫に走る場合、本気になるケースが多く、旦那様が奥様の異変に気付いた頃には心は不倫相手に傾いており、手遅れになる可能性もあります。

この記事では“最近妻の様子がおかしい…不倫しているかも”と不安を抱いている人に向けた記事になります。

「実際に主婦が不倫してしまった事例」、そして次に「どのような行動を起こしていくべきなのか」を探偵目線で解説いたします。大切な奥様の不倫を疑っている方にとって非常に有力な情報となりますので、きちんと最後までご覧頂ければあなたの不安も解消できるかもしれません。

【探偵事例】主婦はこうして不倫する!

浮気調査事例①

事例その1

「妻(対象者)に電話をしても電話に出てくれない」と、当社にご相談をされたのは30代男性(依頼者)でした。

探偵事務所に相談するまで

旦那様(依頼者)と奥様(対象者)は結婚して5年目を迎えており、奥様は専業主婦をしています。

奥様は元からスマホに無関心で電話をかけても繋がらないことが多々あったそうです。その時は旦那様も自宅の固定電話に電話をかけるようにしていたそうですが、ここ半年間やたら奥様がスマホを気にするようになったとのこと。

奥様がスマホをいじっている時に旦那様が盗み見すると誰かと連絡を取り合っているように見えたそうです。奥様が寝てる間に勝手にスマホを見ようとした旦那様ですが奥様のスマホにはロックがかかっており、断念。

そして、最近になり用があって旦那様は職場から奥様へ電話をしても繋がらず。自宅にかけても不在。2時間後に折り返しがあったが、妙によそよそしくすぐに電話を切ろうとするように感じたと旦那様は仰っていました。自宅に帰っても何となく素振りや態度に違和感を感じ、不審に感じた旦那様は当社へ浮気調査の依頼をされました。

浮気調査開始

調査前に旦那様が奥様に電話をした時間を思いだして頂き、夕方頃ということが判明しましたので、夕方に絞って奥様の浮気調査を開始しました。

調査方法については住居周辺にバス停や駅などが無く、万一周辺に浮気相手が来たとしても、交通量から目立つことが判明したので、自転車を中心とした張り込みのご提案をしました。

調査初日では正午から自転車を中心に張り込みをしたところ、午後2時をまわり自転車を利用して駅方向へと向かう奥様の姿を目撃。自転車を駐輪場へ置くと、電車で二駅先に向かっていました。

そして駅前のファミレス前で奥様は誰かを待っている様子がうかがえました。程なくして迎えに来た車に乗車して近辺のラブホテルに入り夕方には同じ経路で帰宅しました。

調査対象を相手男性に切り替える尾行を続けると、氏名と会社名が判明。旦那様への調査報告後、奥様は浮気を自白。マッチングアプリで男性と出会ったそうです。旦那様は浮気されたショックもあったと言いますが、仕事が忙しく奥様にあまり構っていなかったことを反省し、奥様と再構築することを決意されたそうです。

浮気調査事例②

事例その2

「妻(対象者)が浮気しているかもしれないので証拠を掴んでほしい」と当社にご相談をされたのは40代の男性(依頼者)でした。

探偵事務所に相談するまで

旦那様(依頼者)と奥様(対象者)は現在単身赴任中で一緒には住んでおりません。奥様は専業主婦で15歳のお子さんがおります。

仕事の都合で単身赴任になったのは今から2年前のことです。普段は中々家族との時間を作れない分、旦那様は月に二回自宅に戻るようにしていたとのこと。
しかし、ここ最近奥様が夫婦生活を拒むようになり、服装も前とは違って派手になったそうです。さらに「最近お母さんが夜に出かけている」という情報をお子さんから聞いた旦那様。

旦那様は浮気を確信したそうですが、一緒に住んでいないため自分で浮気調査をするのは難しく当社へ依頼をされました。

浮気調査開始

浮気調査2日目まで奥様の外出は、買い物以外で特に怪しい行動は見られませんでした。

異変が見られたのは3日目のことです。調査員二名で自宅付近を張り込みしていると、19時頃におしゃれな恰好をして自宅を出られた奥様は最寄り駅の方向へ向かっておりました。

調査員は奥様を尾行すると、駅周辺で男性が乗る車に同乗する奥様。男性は奥様と同世代くらいの方でした。
その後、2人を乗せた車は何処へも立ち寄ることなく海沿いのラブホテルへ入りました。2時間後にホテルを出ると、奥様は自宅まで男性を送って走り去り、男性は自宅と思われる一軒家へ入っていきました。

調査対象を男性に切り替えると男性は既婚者であることが判明。氏名と会社を明らかにすることができました。後日、旦那様に調査報告を伝えると旦那様は奥様に浮気の証拠を突きつけ話し合いをされたとのこと。

相手の男性は旦那様と付き合う前に付き合っていた人で、割り切りの関係だったそうです。奥様との話し合いの結果、お子さんが高校を卒業するまで婚姻関係を続け、卒業後に離婚をすることに話がまとまったそうです。

主婦の不倫を疑ったらチェックしておくべきポイント

女性は不倫をしても隠すのが上手く、なかなか気づかれないケースも多いようですが、不倫をしている主婦にはいくつかの共通点があります。ポイントを知ることで不倫を見破ることができるかもしれません。奥様の不倫を疑っているのでしたら、一度こちらのチェックポイントを読んでいただき最近の奥様の行動をもう一度振り返って考えてみましょう。

身だしなみを気にするようになった

恋をすると身だしなみを整えおしゃれに気をつけるようになるのは、老若男女を問わず見られる傾向です。

女性の場合は気になる異性の趣味に外見を合わせる傾向が強く、今まで着なかったような服装やメイクをし始めたら多少の注意が必要でしょう。

しかし女性はいくつになっても綺麗でいたいという願望があるので、服装やメイクが変わることはよくあることです。

したがって服装やメイクに変化があったとしても不倫に直結するとは言い切れません。

下着が増えた

不倫してる場合、高確率で肉体関係を持っています。したがって、不倫相手の前で下着姿になることもあるでしょうから、おしゃれな下着が増えます。

また不倫相手に合わせた下着を購入して、クローゼットに隠している場合もあります。奥様の不倫を疑い始めたら、まずは奥様の下着をチェックしてみましょう。

家事が手抜きになる

不倫をすると不倫相手との時間を少しでも多く作ろうという心理が働くため、家事が手抜きになります。最近食卓にスーパーのお惣菜が出ることが増えたと感じる場合には注意が必要です。

また、不倫相手に愛情が移るとなんのために家事をするのかわからなくなるため掃除や洗濯の回数が減る傾向にあります。

性行為を嫌がる

女性は他に好きな人ができると、それ以外の人と性行為をすることを嫌がる傾向にあり、性行為以外でもちょっとしたスキンシップも拒んだりすることもあります。

しかし、女性は生理による体調不良や育児と子育てによる疲労で不倫をしていなくても「そんな気分になれない…」と性行為を拒むことがあるので、一度断られたからと言って不倫しているとは言い切れないでしょう。

旦那様のスケジュールを気にするようになる

今まで、あなたの予定を聞いてきたりしなかった奥様が急に「今日は何時に帰ってくるの?」など、あなたのスケジュールを気にするような質問をしてきたら注意が必要です。

あなたの予定を聞いて、いつなら不倫相手と計画を立てれるのかを判断している可能性があります。

浮気・不倫を見つけてしまった場合はどうする?

奥様の不倫が発覚した場合、奥様と不倫相手の両者へ対応していかなくてはなりません。不倫を続けてきた状況、奥様の反省態度、今後について冷静に判断をしていく必要があるでしょう。しかし実際には、どうすればいいのかわからない方も多いでしょうから、ポイントを解説いたします。

相手を許す気持ちがあるなら慎重に行動すること

奥様の不倫の事実が判明してしまった場合には、裏切られた悲しみや怒りで気持ちが落ち着かない状態に置かれるでしょう。それでも、不倫の事実を放置するのは夫婦関係を悪化させてしまう可能性がありますし、不倫相手との関係がエスカレートするだけです。

もし奥様を許す気持ちがあるのでしたら、感情任せで奥様を責めたりはせずに夫婦で話し合いの時間を設けて、心から悲しかったという気持ちを奥様にきちんと伝えましょう。そうすることで奥様も罪悪感から反省し、不倫をやめてくれるかもしれません。

許せない!離婚!慰謝料!と考えている場合は、とにかく行動しないこと

奥様の不倫が発覚し許せない!という感情になるのは当然のことです。今まで信用してきた奥様の裏切り行為ですから、簡単に許せないでしょう。

今すでに浮気の証拠を掴んでいる方は、浮気の証拠を突きつけて奥様と不倫相手から慰謝料を取って離婚してやる!と思っている方もいるかもしれませんね。

しかしその証拠は、本当に離婚に有利になるものですか?例えば、勝手にスマホを見たり、不倫相手の自宅へ侵入しカメラを設置して盗撮するなどは、いくら夫婦だとしてもプライバシーの侵害で違法な行為です。

あなたの行動次第では逆にパートナーに訴えられ、浮気・不倫をしているパートナーよりも不利な立場になる場合もありますので、自分で証拠集めをする前に探偵事務所に浮気調査の依頼をするのも一つの選択肢です。