【浮気・不倫】裁判で有利になる不貞の証拠とは

浮気・不倫の裁判では証拠が重要な鍵を握りますが、その前に承認されなければ利用できません。仮に承認されたとしても、裁判で大きな影響を与えられない可能性もあります。

そこで今回は、浮気・不倫の裁判で大切な不貞の証拠について解説します。

証拠を自分で探す危険性や強力な証拠の特徴なども述べているため、必ず最後まで読んでみてください。

裁判で強力な効力を発揮する証拠とは?

確信を持つ男性

裁判で強力な効力を発揮する証拠は、以下のようなものが挙げられます。

写真・映像・音声

写真・映像・音声は非常に強力なものであり、ほとんどの裁判で使われます。

「浮気相手の家へ入っていく映像」や、「過度なスキンシップをしている映像」「不貞行為を認めるような発言」などが証拠としてとても有効です。

ラブホテルの領収書や支払明細書

ラブホテルを利用した形跡が分かる領収書やクレジットカードの支払明細書も強力。そこから、アダルトグッズや異性の下着といったものを購入したことが分かる場合、裁判を有利に進められることでしょう。

探偵事務所・興信所による調査報告書

探偵事務所や興信所に浮気・不倫調査を依頼した場合、調査報告書を作成してもらえます。調査報告書には調査に関する細かなデータが記載されており、有利に裁判を進める上での重要なものとなります。

もちろん、調査報告書は探偵事務所や興信所に依頼しなければ入手できません。

探偵事務所や興信所に依頼するのは金銭的に大変かと思うかもしれませんが、慰謝料の請求ができれば、金銭的コストを削減することも可能です。

慰謝料に関してさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

組み合わせることで使える証拠とは?

メッセージアプリを起動しているスマホ

写真や映像のようにそれだけで強力な効力を発揮するわけではないとはいえ、他のものを組み合わせることで承認してもらえるものもあります。

交通系ICカードの利用履歴

電車やバスをよく利用している場合、Suicaやnimocaのような交通系ICカードに利用履歴が残っていることでしょう。その履歴を確認してみることにより、どれだけ頻繁に浮気・不倫相手と会っていたのか調べられます。

また交通系ICカードだけではなく、ETCカードを確認しておきましょう。車で出かけることが多いのであれば、交通系ICカードではなくETCカードに重要な証拠が残っている可能性があります。

メッセージアプリやメールのトーク内容

LINEといったメッセージアプリやメールのトーク内容も証拠となりますが、単体で承認してもらえる可能性は高くありません。

なぜなら、偽装しやすく、証拠としての信頼性に欠けているからです。

ただし、メッセージの内容によって承認してもらう可能性が変動します。例えば、浮気・不倫関係が明らかに分かるようなメッセージであれば承認してもらいやすいです。

SNSやブログの文章・写真

TwitterやFacebookといったSNSやブログの文章や写真も使えますが、こちらも偽装しやすいために強力とはいえません。だからといって、全くチェックしないというのは非常にもったいないこと。

なぜなら、SNSやブログの内容は他のものが組み合わせることで承認される可能性があるためです。

ただし、欠点としてはどちらも削除しやすいため、保存しなければ証拠の隠滅が図られてしまいます。

裁判で承認してもらいにくい証拠とは?

承認してもらえずにショックを受ける男性

せっかく証拠を集めたとしても、その内容や集め方が原因で承認してもらえない場合もあります。一体どのようなものが裁判で承認されにくいのでしょうか。

ナイトレジャー系の領収書

キャバクラや風俗といったナイトレジャー系の領収書や名刺は、残念ながら承認してもらいにくいです。きちんと承認してもらうためには、パートナーが何回も通っていることが分かるようなものが求められます。

法律や条例に反した行為で入手したもの

どのようなものであっても、法律や条約を破った方法で手に入れた場合は承認してもらえません。

例えば勝手にパートナーのLINEをチェックしたり、執拗に尾行して写真を撮影したりなどの行為は違法行為として扱われます。行動の内容によっては、パートナーがあなたを訴えるかもしれません。

そのため、パートナーの浮気・不倫が分かったとしても自分で無理して調査しないようにしましょう。パートナーの言動が気になるのであれば、調査のプロである探偵事務所に依頼してみてください。

GPSを用いて見つけた証拠

GPSは浮気・不倫の証拠として承認してもらえることがありますが、扱い方が非常に難しいです。GPSを使った調査は対象者のプライバシーを侵害する可能性が高く、過去に裁判も起きています。

そのことから、探偵事務所はGPSを使った調査は基本的には行いません。浮気調査をする場合は、基本的には尾行や張り込み、聞き込みといった調査になります。

GPSに関する証拠は素人でも集められますが、それを提出してしまうと上記で紹介したように、違法性がある証拠として承認してもらえません。

自分で証拠を集めたい方もいるかもしれませんが、GPSを使って証拠を集めることは危険であるため、やめておきましょう。

裁判で認められる証拠の特徴

ガベルを持つ高齢の男性

実は裁判で承認してもらえる証拠には、いくつかの特徴があります。
その特徴は4つあり、どれも重要なものです。

特徴①簡単に加工・偽装できるものではない

誰でも簡単に加工・偽装できないものは、証拠として信頼できます。例えば妊娠・堕胎に関する証明書の場合、勝手に書き換えてしまうと文書偽造の罪に引っかかります。

また、探偵事務所や興信所が作成する調査報告書も簡単に素人が作れるものとはいえません。このように簡単に加工・偽装できないものは、裁判でも信頼できるものとして扱われます。

反対にメッセージアプリやSNSなどのデータは加工・偽装できるため、どうしても承認してもらいにくいです。

特徴②内容がハッキリとしている

写真や音声などは確かに強力ですが、ハッキリしていなければ意味がありません。

ピントが合っていない写真や雑音だらけの音声などは浮気・不倫をしていることが非常に分かりにくいため、承認してもらえない可能性が高いでしょう。

特徴③入手日を記録している

証拠を入手した日時が記録されていると、浮気・不倫が行われていた期間が分かります。反対に記録されていない場合は、いつ頃手に入ったものなのか分からず、承認してもらえる可能性が下がってしまいます。

特徴④相手と会った回数が分かる

裁判では、浮気・不倫を行なった回数が重要になります。その回数は証拠を使って説明することができ、何回も会っているのであれば多額の慰謝料を請求できる可能性もあります。

しかし、1回しか会っていない場合は単発的なものと判断されてしまい、慰謝料を請求することが難しい場合が多いです。

証拠が無い場合や確信が持てない場合はどうすれば良いの?

証拠として承認されるものはいくつもあるとはいえ、どうしても見つからない場合もあります。また、本当にパートナーが浮気・不倫しているのか確信が持てない方もいることでしょう。

もし確信が無いまま調べてしまうと、パートナーからの信頼を失う恐れがあります。証拠が無かったり浮気・不倫をしているという確信が持てなかったりする場合には、探偵事務所へ相談するのが一番です。

探偵事務所に依頼することで、あなたの代わりにしっかりとパートナーの行動を調べてくれます。

証拠の価値を理解した上で裁判の準備を

「証拠」と書かれたトランプ

今回は浮気・不倫の裁判における証拠について解説しました。証拠によって承認してもらえる可能性が異なっており、ただ闇雲に集めても意味がありません。

しっかりとそれぞれの証拠が持つ価値を理解した上で、裁判の準備を行ってください。