MENU
探偵ブログ

旦那の浮気はどこからアウト?法的な基準や旦那の怪しい浮気の前兆はコレだ!

人によって不倫や浮気の基準は異なりますが、一般的にどういった行為をすると浮気と判断されるのでしょうか。一般的な浮気の基準や法律的な浮気の基準、浮気のボーダーラインについてお話しします。

またパートナーの浮気を疑っている場合、どういった行動が浮気の前兆となるか気になりますよね。浮気が疑われる前兆や浮気を辞めさせる方法についてお伝えします。浮気の前兆を知り、パートナーの浮気を未然に防ぎましょう。

えっ?!もしかして浮気かも・・・探偵事務所の浮気調査を詳しく見てみる

一般的な浮気のボーダーラインは「キスやハグ」から

一般的な浮気のボーダーラインは「ハグやキスから」です。そのほかどういった行動をとると浮気だと認定されるのでしょうか。

妻(彼女)に隠れて異性と連絡を取っている

妻に隠れて異性を連絡を取っていると浮気だと判断する人も一定数存在します。やましいことがなければ堂々とやり取りができるはずなので、隠れてコソコソと連絡を取る必要はありませんよね。

そのため、“妻にバレないように”と、隠れて連絡を取っているとおかしいと判断するのです。一方で、連絡を取るくらいなら自由だと考えている人も多く、パートナーの価値観によって変わってきます。

異性と2人きりで食事

異性と2人きりで食事に出かけると浮気だと思う人もいらっししゃいます。「異性と2人きりで食事」のなかでも、その相手が誰かによってもボーダーラインが変わってきます。

例えば、異性は異性でも次のように部類分けしてみましょう。

  • 仕事相手
  • 会社の上司・部下
  • 古くからの友人(幼馴染など)
  • 恩師

食事相手が仕事相手の場合、「仕事相手なら仕方ない」と理解を持つ人も多いです。しかし、「会社の上司ならOKだけど部下はいい気持ちがしない」という人も。

学生時代の恩師は浮気と思わないけれど、古くからの友人である幼馴染は浮気だとカウントする人もいます。これらは「相手とあなたの関係性」が大きなカギとなります。

ハグをする

冒頭でもお話ししましたが、ハグをすると一般的に浮気だと考える人も多いです。外国では挨拶として多用されるハグも、日本では自分が相手に好意を持っていることを伝えてしまう行為です。

ハグ=挨拶ではない文化を持つ人にとって、恋人以外とするハグはアウトです。

キスをする

ほとんどの人がは、パートナー以外とキスは浮気だと判断します。特に日本人はスキンシップの文化がないため、特定の相手にしかキスをしません。そのため、パートナー以外とキスやハグをすると浮気だと認定されてしまいます。

なかには好きでなくともキスができるという人もいますが、他人とキスをしていると親密な関係だと認識され、浮気とみなされます。

浮気の基準は価値観次第!

一般的な浮気とはパートナー以外と「キスやハグ」をすることです。浮気を判断されないためにも、特別な間柄でないと行わない行為を異性にするのは避けましょう。

不明慮な要素では浮気と判断しないという人もいれば、連絡を取るだけで許せない人もいます。浮気に対しても一度は許せるという人や、全く許せない人もいますので、浮気の基準は相手の価値観次第です。

浮気問題に発展する前に、夫婦・カップル間で基準について話し合っておくと良いですよ。

法律上の浮気は「肉体関係」の有無が重要!

法律的に不貞行為とみなされるのは肉体関係の有無が関係しますが、実際に不貞行為の現場を目撃することは難しいですよね。

肉体関係を証明するにはラブホテルに出入りする写真や、相手の家に夜に行って朝に出てくるなど、性交渉があったと推認できる要素が必要です。これらの証拠が揃えば、不貞行為があったとみなされて不倫だと判断されます。

例えば、あなたは異性と食事に行くことは浮気だという意識を持っているとします。夫があなたに嘘をついて異性と食事に行けば、あなたは「浮気だ!」と判断しますよね。

しかし、これは法律上は不貞行為にはあたりません。嘘をついて相手の嫌がることをするのは道徳的に良くないことですが、離婚の原因とはなりませんし、慰謝料を請求することは難しいです。

旦那の浮気を見極めるには「4つの変化」に注目

夫婦生活を長年続けていると、「もしかして旦那が浮気している?」と女の勘が働いたことはありませんか?そんな時には、相手の行動、発言、態度、周囲・環境の変化の変化に着目してみましょう。

行動の変化

浮気をすると、自分でも気付かないうちに行動に変化が現れています。次のような行動に変化があれば、要注意です。

スマホを肌身離さず持っている

家の中でも常にスマホを持つようになった」は浮気の兆候です。これまで家の中であまりスマホを触らなかったのに、お風呂や洗面所、トイレにまでも肌身離さずスマホを持ち込む場合は特に警戒が必要です。

スマホを肌身離さず持っているだけではなくても、これまでは画面を上に向けていたのに、最近は画面を下に向けて離席するという場合も要注意です!

浮気相手からのLINEメッセージやマッチングアプリのポップアップ通知を見せないようにしている可能性も考えられます。これまでの行動と比べて「変化」があると浮気を警戒しましょう。

残業や出張、休日出勤が増える

急な残業や出張、休日出勤が増えた場合は浮気の兆候です。普段は出張を部署なのに、無理矢理理由を作って出張と嘘を付いているケースも。

このケースは不倫旅行や、ホテルに泊まる口実としていても、後々ボロが出てくることが多いです。「先月の○○出張だけど~…」と話しを振り、辻褄が合うかなどの確認をしてみましょう。

帰宅してお風呂に直行するようになった

これまでは帰宅してご飯を食べてからお風呂に入っていたけれど、最近は帰宅してからすぐにお風呂に入るというパターンも浮気が疑われます。

香水の匂いや、ホテルでの入浴を隠すために自宅のお風呂に入ることもあります。浮気をすると行動の変化として現れやすいので、しっかり見ておきましょう。

発言の変化

浮気をすると、発言などのやりとりにも影響を及ぼします。次のような言動の変化があれば、浮気のアンテナを張っておきましょう。

帰宅タイミングを知らせる連絡が減った

「仕事が終わったかた、これから帰るね」などの連絡を取り合っている夫婦は、これらの連絡頻度が減ると要注意です。

浮気相手と遊んでいると、ついつい帰宅時間が遅くなってしまいがち。
いつもの帰る時間なのに連絡が遅くなったり、連絡がなかったりすると、浮気相手に夢中になっているケースもあります。

「忙しい」を理由にするようになった

仕事や環境が変わった訳でもないのに、なにかと「忙しい」を理由にしていませんか?

例えば週末のデートのお誘いや、食事のお誘いなどを具体的な理由を話さずに、「忙しい」の一点張りで断られると浮気を疑ってみましょう。

機嫌をとる発言が増えた

浮気をすると“パートナーに隠して浮気をしている”という罪悪感から、あなたに対して不自然に優しく接してしまいがちです。

あなたからすると、「急にどうしたの?」とかえって怪しく思えてしまいますよね。普段はそういうタイプではないのに機嫌をとる発言が増えたり、なんでもないタイミングでお土産を買ってくると浮気の兆候です。

態度の変化

浮気をしていると態度にも変化がでます。興味がなくなったのかと思いきや、こちらの予定を確認してくる場合は要チェックです。

こちらの予定を詳しく確認する

これまで聞いてこなかったのに、突然こちらのスケジュールを詳しく把握しようとしてくるのも危険信号です。

あなたの帰りが遅くなる日は浮気相手と遊ぼうと考えていたり、家にいる時間帯を把握してうまく浮気をしようとしている可能性も考えられます。

目を合わせて話さなくなる

急に目を見て話さなくなったという場合は、なにかやましいことを隠しているの可能性が高いです。目を合わせて会話することで、怪しい仕草をしてしまうことがないように予防線を張っていることも。

これまでの態度と比較して、「おかしいな」と思う部分があれば要注意です。

家に帰ってほとんど寝ている

仕事から家に帰って寝ていることが多いという夫は多いです。仕事帰りで疲れているので家でリラックスすることは大切です。

しかし、浮気に体力を使っていたり、浮気相手と夜更かしをして睡眠不足になっていることも考えられます。夜の営みをしてくれなくなったり、これまでとの違いを感じたら浮気を疑いましょう。

周囲・環境の変化

夫が浮気をしていると、ふとした普段の生活の中で身の回りの変化に気付きやすいです。次のような変化がポイントです。

身だしなみに気を付けるようになった

これまでオシャレに興味がない夫が、接点のなかったブランドのアイテムを購入していたり、髪型などの身だしなみに気を付けるようになると、女性の影を疑いましょう。

浮気をすると浮気相手に気に入られようと身だしなみに気を付けるようになり、変化に気付くことができます。

自家用車のシートの位置が変わる

自家用車を持っている夫婦は、夫のおかしいなと感じる行動があれば、助手席の位置が変わっていないか定期的にチェックしてみましょう。

そのほかカーナビの検索履歴や、ドライブレコーダーなどで浮気が発覚したというケースも。普段は気にしない部分も、浮気の証拠になりますよ。

クレジットカードの請求額が増えた

最近はクレジットカードの明細はペーパーレス化で、ネット上で完結することも多く、自宅に明細書が届くことも少なくなっています。しかし、そんなクレジットカードの請求額が増えることで浮気が発覚することもあります。

請求額が増加して不審に思ったら、利用履歴で何に使っているか詳しくチェックしてみましょう。

愛情表現が減っただけ?浮気の疑いを晴らす方法!

長年一緒に過ごしていると、だんだん愛情表現が減って、相手の浮気を疑ってしまうこともありますよね。「浮気の疑いを晴らしたい」と考えている方のために、浮気の疑いを晴らす方法をご紹介します。

不安な気持ちを相手に話す

パートナーの浮気を疑ってしまう場合は、まずは、不安な気持ちを相手に話しましょう。むやみに相手を疑って責めるのではなく、正直に気持ちを話して解決できれば1番です。

しかしここで、話し合いがまとまらず喧嘩になってしまったり、感情的になってしまうのはNG。疑う気持ちを持っていても、落ち着いて冷静に話しましょう。

第三者の視点を借りる

浮気を疑ってしまった場合は、友人などの身近な人に相談してみましょう。浮気は疑いだすと深く考えてしまう傾向にあるので、第三者からの視点でみると、あなたの考えすぎだったということもあります。

第三者の落ち着いた目を借りて、パートナーと向き合ってみましょう。

探偵事務所に調査を依頼する

上記を試しても疑いが晴れず、どうしてもモヤモヤした気持ちを拭いたい場合は、「探偵事務所に調査を依頼する」というのも1つの手です。

探偵事務所なら、あなたの代わりに調査を行ってくれるので、結果報告を待つだけ。あなたでは見つけられなかったプロならではのポイントや、無実を証明してくれますよ。

考えすぎはNG!相手信じる“覚悟”も大切

1人で考えすぎると、考えは悪い方向に進むばかり。夫婦・カップル関係を続けるには、「信頼関係」が大切です。

相手を信じるということは、自分の目を信じるということにも繋がります。相手のことを少し信頼する勇気も持つだけで、気持ちがスッと軽くなりませんか?あなたが一緒に過ごしてきた相手を信じる勇気も必要です。

浮気はキス・ハグから!肉体関係があればアウト

この記事では、浮気の一般的なボーダーラインは「キスやハグ」、法的な基準としては「肉体関係の有無」とお話ししました。

「もしかして浮気される?」と感じた際には、旦那の行動の変化を調査してみましょう。それでも浮気を疑ってしまう場合は、考えすぎずに冷静にパートナーや友人に相談してみてくださいね。

旦那の浮気が発覚したら離婚を検討するという方は、探偵事務所などのプロの手を借りましょう。

えっ?!もしかして浮気かも・・・探偵事務所の浮気調査を詳しく見てみる