探偵の年収はいくら?探偵事務所の気になる給料システムや年収をご紹介!

こんな人に最適な記事です!

  • 探偵の年収や給与システムを知りたい方!
  • 探偵にはどんな職種があるのか分からない方!

ドラマや小説の中では事件を解決するために大活躍する探偵。実際は浮気調査や素行調査、盗聴器発見調査などを主な調査業務としています。尾行や張り込みを通して、人物や企業などを調査する探偵事務所の仕事について興味のある方は多いのではないでしょうか?

今回は探偵事務所の雇用形態や職種別の仕事内容、年収や給与形態について詳しく解説していきます。探偵事務所に入りたいと考えている方、探偵の年収はどのくらいあるのか知りたい方はぜひ参考にしてくださいね。

この記事を最後まで読むことで

  • 探偵の年収や給与システムについて知れる。
  • 探偵事務所にはどんな職種があるのか分かる。

探偵事務所の仕事や求人条件とは?

探偵事務所の仕事とは尾行や張り込み、撮影などにより特定の人物や企業の素行を調査する仕事です。依頼者に代わって浮気調査や人探し調査などを行うという意味では、サービス業の一種といえます。ほかにも縁談相手の経歴などを調査する身元調査や金銭問題を中心に調べる信用調査、企業間合併や取引開始の際に調査する企業関連調査などがあります。

秘密裏に仕事をしているイメージがある探偵事務所ですが、実は一般企業と同様にハローワークや自社ホームページなどで求人募集をしています。調査内容によっては中年や女性の探偵の方が調査対象者に警戒心を持たれないこともあるため、ある程度枠を決めずに募集をしている探偵事務所もあります。

探偵事務所の雇用形態は三種類

当探偵事務所では、勤務する探偵などの雇用形態は大きく分けて、社員・アルバイト・パートの三種類があります。それぞれの雇用形態について、一般的な特徴も踏まえながら詳しく見ていきましょう。

正社員

多くのサラリーマンと同様、当探偵事務所でも正社員の探偵が多く在籍しています。充実した研修制度も設けているので、未経験者でも安心。シフト制で休日もしっかり取れるので、プライベートも充実できますよ。

もちろん正社員のメリットとして雇用が安定しているのはもちろん、福利厚生の範囲が広かったり、収入面でも恵まれている点が挙げられます。経験年数や実績が上がれば、給与待遇がアップしやすいのも正社員ならではですね。

アルバイト

当探偵事務所でも調査員や特殊工作員の職種でアルバイトを募集しています。正社員ほどの長時間仕事に縛られず、自分の都合のよい時間や日にちに仕事がしやすいのもアルバイトの特徴です。仕事をすればするほど報酬がもらえるのもアルバイトだからこそ。がっちり稼ぎたい方にはおすすめの働き方かもしれませんね。

パート

アルバイトが若者や学生などが時給で働くことを意味するのに対し、パートは女性や主婦の仕事というイメージです。子育てがひと段落した方や夫の扶養の範囲内で働きたい方などが、パートを選びます。アルバイトは次の仕事までのつなぎという場合もありますが、パートは長く働くことも珍しくありません。正社員と変わらない仕事ぶりや知識を持っているベテランパートさんもいるほどです。

探偵事務所の給与体系や年収について

それでは実際に探偵事務所に勤務している調査員などの、年収及び給与体系について見ていきましょう。ただしこちらは経験年数や年齢、経歴などによって金額が大きく異なります。また探偵事務所の規模によっても差が出ますので、実際に求人応募の際に、探偵事務所に直接お問い合わせすることをおすすめします。今回は一般的な相場や当探偵事務所の求人内容から、年収や給与体系を解説していきます。

調査員(正社員・アルバイト)

調査員の給与形態では、一般の会社のように月給がほぼ決まっている固定給のところと固定給+成果報酬制の探偵事務所があります。固定給の場合は試用期間中は日給とする事務所もあります。毎月の変動が少ないため安定はしていますが、基本給が低く抑えられている場合もあります。

一方の固定給+成果報酬制の給与形態では、売り上げや営業成績に応じて給与やボーナスにプラスアルファで加算をする事務所があります。この給与形態のある探偵事務所では、自分が頑張れば頑張るほど給与がアップするメリットがあります。探偵にとって必要な調査力や操作技術を積極的に学ぶことで年収アップにもつながります。

当事務所の調査員では、経験や経歴によって月収20万~50万ほどとなっています。年収だと250万円~600万円ほど、賞与は業績に応じて支給されます。また事務所までの交通費は全額支給となっています。給与モデルでは18歳の経験年数半年の調査員で月給が約35万円(実働20日)です。

相談員(正社員)

相談員の場合は、毎月の給与が固定されていることがほとんどです。20~30万前後の固定給にプラスして諸手当が付きます。こちらも経験年数やカウンセラーなどの有資格者は基本給が高くなります。

当探偵事務所では、正社員の相談員として18歳~35歳までの男女の方を募集しています。給与は20万~50万までの間で経験に応じて決めています。 年収だと250万円~600万円ほど、 ほかに業績によって賞与があり、交通費は全額支給されます。給与モデルでは経験年数1年の27歳相談員で年収が約600万円です。

相談員(パート)

相談員の中には、パートタイマーで働く女性も数多くいます。浮気調査が専門の探偵事務所では、夫の浮気に悩む依頼者が多く、同じ女性の立場からスムーズに相談に応じられることもあります。

当事務所でもパートタイマーの相談員を募集しています。経理などを行う事務員との兼務で、1日4~8時間、週に3日からのシフト制。時給は1,300円で、電話応対なども業務内容に含まれます。

工作員(アルバイト)

工作員に関しては、工作員が必要になる案件が出た場合にのみ稼働となるため、ほとんどの場合がアルバイトです。一般的に週1回からの出勤が可能ですが、事務所の要請に応じた日にちに対応してもらうことになります。日給制で5,000円~15,000円程度が相場になっています。

こちらの探偵事務所でも、工作案件に必要な特殊工作員を募集しています。基本的な日給は1万円で工作内容に応じて歩合給があります。また業績に応じての賞与や実績に対する昇給も期待できます。給与モデルでは、27歳の特殊工作員で、演技経験があれば入社時期から日が浅くても、実働8日で30万程度は稼げます。

探偵事務所には様々な職種がある

当社の給与モデルや年収などを見て、探偵の仕事に興味を持たれた方はいらっしゃいませんか?そんな方のために職種別の仕事内容をちょっぴりご紹介。もちろん同業他社からの転職も歓迎していますよ!

調査員

主に張り込みや尾行などを行い、調査対象者の行動を撮影するのが調査員の主な仕事です。一見簡単そうに思える張り込みですが、朝早くから夜遅くまで同じ場所で張り込みをしなければいけないケースなどもあり、大変忍耐力を必要とします。また尾行は調査対象者に決してバレないように、怪しまれないように行わなければなりません。徒歩での移動から急にタクシーや電車に乗るなど、臨機応変にな対応も必要になります。

捜査対象者の動向を撮影するには、デジタル望遠カメラやアクションカムなどの特殊機材を使います。探偵経験のない新人調査員はこれら機材の使い方や尾行などの基礎をしっかりマスターしなければなりません。通常は経験がなくても、入社後の研修やOJTを通して、徐々に技術を身に着けていきます。

相談員

探偵事務所に相談に訪れた依頼者の話を聞いたり、問い合わせの電話対応を行うのが相談員です。そのほかにも打ち合わせの約束を取り付けたり、調査後のアフターフォローに回ることもあります。調査員が外に出て仕事をするのに対して、相談員は事務所内で仕事をすることが多い職種です。

探偵事務所の窓口として依頼者と直接顔を合わせるため、依頼者の信頼を得て、調査サービス提供後の満足度をアップさせるには相談員の存在は欠かせません。相談員には1~3か月の研修期間が設けられています。ここでしっかり調査に関する知識や、信頼を得るための話し方などを身に着けていきます。

工作員

当社では特殊工作員という名前で求人募集をしています。一般的に探偵事務所の工作員は、問題解決のために必要な人間関係作りを実現するための職種です。平たく言うと「恋愛工作」や「復縁工作」において心理的な誘導をする役目を負っています。

そのため劇団員や演劇経験のある方など、演技技術を持っている方の応募を優遇しています。たとえ演劇経験のない方でも、自分の演技力に自信があり、このような仕事としたいと考えている人は、ぜひ工作員の求人に応募してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は探偵事務所に勤める調査員や相談員、工作員の気になる年収や給与体系について当社の例を示しながら解説してきました。特に専門的な技術や知識が必要となる調査員や相談員は、経験年数や経歴によって年収にも大きな差があります。

一般の会社員とは異なる技術や知識が必要となる世界ですが、人と接することが好きな方や、調査をすることで人の役に立ちたいと考えている方にはピッタリの職業です。こちらの記事を読み、探偵事務所の仕事に興味を持たれた方や当探偵事務所の求人に応募したいという方は、こちらのホームページで詳細をご確認ください。

探偵事務所M&M 求人・採用情報