ロガータイプGPSを使った浮気調査方法とは?使い方の注意点もご紹介!
  • 浮気調査に使うGPSにどんな種類があるか知りたい方!
  • 浮気の証拠を掴むのにロガータイプGPSを使いたいと思っている方!

「最近パートナーが休みのたびにどこかに行っている」「どこで夫が浮気をしているのか知りたい」という方に便利なのがGPSです。実はGPSにはロガータイプとリアルタイムタイプの二種類があるのを知っていますか?今回はロガータイプGPSの使い方や探偵おすすめの機種、使う際の注意点などをご紹介。

ロガータイプGPSは上手に使うことで、浮気の証拠を撮るための手助けをしてくれます。今やインターネットなどで購入するほかにも、一日単位でレンタルも可能。浮気調査をするためにGSPを使いたいと思っている方はぜひ参考にしてください。

この記事を最後まで読むことで
  • ロガータイプGPSの使い方が分かる
  • GPSを使った浮気調査の注意点を知ることができる

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

GPSを使った浮気調査の方法とは?

GPSはカーナビシステムやスマホの地図アプリにも使われており、地球の上空にあるGPS衛星と手元のGPS発信機との距離を測ることで、いつどこにいたかが分かる仕組みになっています。このGPSは浮気調査にも便利で、パートナーが今どこにいるかが分かったり、過去にどのような経路で移動したかを確認できます。

GPSで得た場所情報を手掛かりとして、慰謝料請求に有効なホテルへの出入りや浮気相手の自宅を突き止めることが可能に。

浮気調査にGPSが使えるのは、おもに車やバイクで移動している場合です。パートナーの持ち物にGPSを仕込めば位置情報は見れますが、バッグなど中を頻繁に見るものの場合、GPSの存在がバレる可能性が高くなります。車やバイクであれば車体の下やステップ下に取り付けることで人の目に触れにくく、見つかりにくくなるのではないでしょうか。

浮気調査に使うGPSには二種類ある

初めに少し触れましたが、GPSには「ロガータイプ」と「リアルタイムタイプ」の二種類があります。それぞれに使い方や位置情報の確認方法などが異なります。二種類のGPSのメリットやデメリットを理解しながら、場面や目的によって使い分けるようにしましょう。

ロガータイプGPS

ロガータイプGPSは、GPS衛星を利用して得た経路を記録(ログ)する装置のこと。車に取り付ければ、その移動経路が日にちや時間の情報と共に記録されます。機種によっては、車が移動をやめると記録を取るのをストップし、車がまた動き出すと再び記録するGPSもあります。また一定時間停まっていると、その場所が時間と共に表示されるタイプもあります。

ロガータイプGPSデメリットとしては、リアルタイムで場所がわからないということが挙げられます。ロガータイプは場所や日時に記録はその機器内部に保存されています。そのためいったんGPSを取り外し、USBなどでパソコンに接続し、中のログデータを地図上で表示させなければなりません。そのため今パートナーがどこにいるのか知りたいという方にはあまりおすすめできません。

リアルタイムタイプGPS

リアルタイムタイプのGPSは、まさにリアルタイムでどこにいるかが確認できるという特徴があります。探偵の追跡調査を手助けする機器として、万が一調査対象者を見失った時などにも便利。リアルタイムタイプGPSは主に携帯電話やスマホから発信する電波を利用して、位置が分かるようになっています。

iPhoneであれば「iPhoneを探す」、Androidなら「ケルベロス」などの浮気調査アプリを携帯電話やスマホにダウンロードして使用します。ただしパートナーのスマホなどに勝手にこれらのアプリをダウンロードするのは違法行為になるため、新たにもう一台スマホや携帯電話を準備しなければなりません。またロガータイプGPSと比べると高額で、新たにsimカードを入れなければならないため手間がかかることがあります。

さらにロガータイプGPSと比べるとサイズが大きいため、パートナーにバレないように仕掛けるのにも注意が必要に。万が一バレてしまった場合、simカードの情報から誰の持ち物か分かってしまうこともあるので気を付けましょう。

探偵おすすめ!ロガータイプGPS

それでは探偵がおすすめするロガータイプGPSを二種類ご紹介していきます。どんなロガータイプGPSを購入しようかとお悩みの方は、選ぶ際の参考にしてくださいね。

GPSデーターロガー GP102G

元々は登山や散歩などのために開発されたロガータイプGPS。そのため歩数計や気圧計なども内蔵されています。こちらのGPSの特徴は防水機能が付いているのが特徴。車の車体下部に取り付けるとき、どうしても雨や水たまりでぬれる心配がありますよね。GPSは電子機器のため、内部に水濡れが発生してしまうと故障の原因に。その点では、こちらのロガータイプGPSなら防水機能がしっかりついているので安心です。また液晶画面が付いていて、走行距離や歩いた軌跡も一目で分かるため初めてGPSを使う方におすすめです。

  • GPS測位… SIRF STAR IVを使用
  • 動作時間…18時間
  • 電源…リチウムイオン電池内蔵(USB経由で充電)
  • 通信条件…高感度-160dBm
  • 搭載チップ… Venus6(65chタイプ)

GPSロガー i-gotU GT-600

こちらは価格が比較的手ごろな5,000円~8,000円のロガータイプGPSです。パソコンに専用ソフトをインストールすれば、GPSに記録された位置情報を読み取ります。大きさは 46×41.5x14mm 、重さも37gと軽量コンパクトなので、車のダッシュボードに入れても場所を取らず見つかりにくいのが特徴。最大26万2,000のログポイントを記録でき、ログ間隔も1秒から1時間の間で設定が可能です。かわいらしいデザインですが、高感度チップを搭載しており、測位性にも優れています。

  • GPS測位… SiRF StarIII low-power chipset
  • 内蔵メモリ… 64Mb(最大262,000ポイント)
  • 電源…リチウムイオン電池
  • 機能…モーションセンサ・防水 IPX6

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

ロガータイプGPSを使った浮気調査の方法

ロガータイプGPSが手に入ったら実際にどのように使うのかを順番に見ていきます。購入前にあらかじめどこに取り付けるかを決めてからなら、その場所に合ったGPSを選ぶことができますよ。

GPSを車などに取り付ける

車にGPSを取り付ける場合、車内やトランクなどに仕掛けると電波が途切れてしまい位置測定に誤差が生じるため、なるべく車外に取り付けましょう。車の下部、バンパーやスペアタイヤ付近の鉄部分に、マグネットで張り付けるのがおすすめ。ただしマフラー部分は高温になるため機器が故障することも。またでこぼこした面は走行中の衝撃でGPSが外れる恐れがあるため、平らな面を見つけて取り付けましょう。

GPSを回収する

パートナーが車での外出から帰ってきたら、なるべく早めにGPSを回収しましょう。というのも長時間つけっぱなしにしていると見つかる可能性が出てきますし、車検や修理などで車の修理工場に持って行った際にも見つかってしまうことがあるためです。

ログデータをパソコンに入れて解析

USBなどでパソコンにつないだら、GPS本体のログデータをパソコンに移します。あらかじめインストールした専用ソフトを使って、地図上でそのログデータを表示します。長時間停車していた場所が住宅地であれば、浮気相手の自宅の可能性があります。またお店や観光地ならデートで行った場所かもしれません。

気になった場所があれば、グーグルマップを使えば大体の住所が分かります。さらに建物やマンションの名前が知りたければ、グーグルのストリートビューで写真で確認もできます。

ロガータイプGPSを使った浮気調査の注意点とは?

次にロガータイプGPSを使って浮気調査する際の注意点を見ていきます。取り付けるときなどに気を付けないと、気が付かないうちに違法行為をしてしまうことも。不要なトラブルを避けるためにも、これらの注意点をしっかり守って使いましょう。

リアルタイムで相手の場所を知れない

ロガータイプGPSの特徴上、リアルタイムでパートナーの居場所を特定することはできません。リアルタイムでどこにいるかどうしても知りたい場合は、リアルタイムタイプGPSを使うことをおすすめします。

ただしリアルタイムGPSを使って居場所を特定し現場に急行しても、パートナーと浮気相手すでに立ち去った後であれば、浮気の現場を押さえることは不可能です。どうしても浮気の証拠が欲しいのであれば、前もってGPSで場所の目安を付けておいて、怪しい日時に張り込みをして写真や動画におさめましょう。

GPSを取り付ける際に不法侵入や器物破損に気を付ける

GPSを取り付ける際には、他人の敷地内に勝手に入って車に近づくと不法侵入になってしまうのでご注意を。また無理やり車に仕掛けようとして、車を破損してしまうと器物損壊の罪に問われることも。特にGPSを初めて使う方は取り付けることばかりに注意がいってしまい、周りの人に不審がられたり、知らないうちに他人の敷地に入ってしまうこともあるため気を付けましょう。

車に防犯センサーが付いていないかチェック

また車にGPSを取り付ける際、防犯センサーが付いていないかも注意してください。気が付かないまま乱暴にGPSを取り付けようとすると、車体への衝撃や車両の傾きを検知するとアラームが鳴ることがあります。車内で小さなライトが点灯したり点滅している場合は車に防犯センサーが付いている可能性があります。

浮気の証拠が取れるまで2か月以上かかることも

GPSを車などに取り付けてから浮気の証拠が取れるまで、約2か月かかると言われています。取り付けてもなかなか浮気相手に会わなくても決して焦らず、2か月は泳がせておく位の余裕をもって、浮気の証拠を得ることに集中しましょう。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

GPSを使った浮気調査にはリスクがある

GPSでの調査に限らず、浮気調査を自分でしようとすると相手にバレるリスクがあります。プロの探偵と違って、様々な調査に関するノウハウを持ってないためです。またたとえ浮気の証拠を取れたとしても、感情的になるあまりパートナーに詰め寄ったり、浮気現場へ突撃してしまうこともあります。

たとえパートナーが浮気をしていなくても、浮気調査をしていたことがバレてしまえば今後の夫婦関係に大きな亀裂が入り、逆に訴えられてしまう可能性も。自分で浮気調査をしようと考えている方は、調査していることを絶対にバレないようにし、バレた後のこともしっかり考えてから行動に移しましょう。

まとめ

今回はロガータイプGPSを使った浮気調査の方法や使い方、注意点などについて解説してきました。自分で調査すれば費用も安く済みますが、万が一バレた時にはパートナーとの関係が悪くなったり、浮気の証拠を隠されてしまう可能性も。

もしパートナーにバレずにGPSで浮気調査をする自信のない方は、ぜひプロがいる探偵事務所までご相談ください。

浮気調査なら探偵事務所M&Mへ

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!