iCloudで浮気調査ができるか探偵が徹底解説します!
  • パートナーの浮気を疑っている方!
  • iCloudで浮気を暴きたい方!

今の時代、スマートフォンは私たちの暮らしには欠かせない存在となっています。中でもApple社が販売しているiPhoneはとても人気が高く、2018年の累計データによると販売台数シェアは51.4%ととも言われています。

今回の記事ではiPhoneのiCloudについてをご紹介いたしますが、そもそも「iCloud」とはどういったものなのか…わからない方もいることでしょう。

iCloudとは、iPhoneの端末の中にある情報(写真、ビデオ、カレンダー、書類、音楽)をインターネット上に保存できるサービスでApple社が提供しているオンラインストレージみたいなものです。

このiCloudは、iPhoneが故障・紛失した場合にデータのバックアップに便利なサービスなのですが、実はiCloudを上手に使うことでパートナーへの浮気調査も実現できます。今回はまず「icloudで浮気調査に使える機能」「iCloudの機能を使う上で乗り越えなければいけない高すぎる障壁」では、iCloudで浮気調査に使える機能などを解説。記事の終盤では「iCloudで浮気調査をする危険性」もご紹介しますので、最後まで読み飛ばすことなくご覧ください!

この記事を最後まで読むことで
  • iCloudの機能性について知ることができる
  • iCloudで浮気調査する際の注意点を知ることができる

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

他の記事もチェック!探偵がスマホ(アプリ)での浮気調査を徹底解説

iCloudで浮気調査に使える機能

ここでは、iCloudを使って浮気調査がどのように行えるのか簡単にご紹介したいと思います。

現在の位置情報がわかる

一つ目は「iPhoneを探す」の機能から浮気調査を行う方法です。

こちらは、iPhoneに備わったGPS機能を使い、iPhoneの現在地を調べることができる機能で「パートナーの現在位置情報」を取得することができます。

「iPhoneを探す」の使用方法は、パートナーの「iPhoneを探す」の機能が有効になっていることが条件です。有効になっていない場合には事前にiPhoneを探すを有効化する必要があるのですが、iPhoneを探すを有効化した時にはメールが送信されるので注意が必要になります。

この方法を浮気調査に上手く使えば、休日にパートナーがどこへ出かけたのか…パートナーの帰宅時間が遅いけど何処にいるのか…などを「iPhoneを探す」でリサーチすることができます。上手くいけば、浮気相手の住所を知ることもできるので事前情報に役立ちます。

直近50日以内の行動をチェックできる

iPhoneには直近50日分の行動が記録されていることもあります。

・一定の場所に何時間滞在しているのか

・その場所を何度訪れているのか

などを知ることができます。

方法は、「設定」のアプリに入ってもらい、「プライバシー」をタップ。「位置情報」をタップ。表示画面の一番下にある「システムサービス」をタップ。最後に「利用頻度の高い場所」をタップで直近50日のパートナーの行動が一目でわかります。

ファミリー共有で位置情報を確認できる

ファミリー共有設定はパートナーのiPhoneの端末での設定が必要になります。 iCloudにログインせずに設定できるのでパートナーのパスコードさえ知っていれば設定は可能です。

方法については、まずご自身のiPhoneのファミリー共有設定を確認。設定のアプリを開き、表示画面の一番上のAppleID , iClod ,iTunes StoreとAppStoreをタップ。ファミリー共有をタップでファミリー共有されてるリストが表示されます。

次にファミリーメンバーを追加をタップ 、iMssageで登録を依頼を選択し、宛先にパートナーの登録名を入力を送信。

ここからはパートナーのiPhoneの設定に移ります。パートナーのショートメールに招待状が届くので、登録案内から「ファミリーに登録する」をタップ。位置情報をファミリー共有で「位置情報を共有」 を選択。以上で設定は終わりですが、パートナーのiPhoneにショートメールの履歴が残るので削除をしましょう!これでパートナーの位置情報は常に確認することができます。

しかしこの方法は、設定している途中でパートナーのiPhoneに通知が来ますので、例えばパートナーが寝てる間に設定をするのであれば通知音は消音に設定するようにしましょう。

パートナーのスマホのデータを確認できる

次に「ファイルの共有」で浮気調査を行う方法です。ファイルの共有では「メール」「SNS」「写真」「動画」「LINEのトーク履歴」など全てを見ることができます。LINEのトーク履歴やメールの中には、浮気相手とのやり取りしたデータが残っているかもしれません。

しかし、この方法の落とし穴はIDとパスワードが必須になることです。この二つがなければ、iCloudの中身を見ることができません。なので、 iCloudで浮気調査をしたいとお考えの方はiCloudのIDとパスワードをご準備ください。

iCloudの機能を使う上で乗り越えなければいけない高すぎる障壁

iCloudは、バックアップ機能などに役に立つ一方で浮気調査には向いていない側面もあります。それらをいくつかご紹介いたします。

IDとパスワードが必須

「iCloudで浮気調査に使える機能」の「パートナーのスマホのデータを確認できる」でもご紹介しましたが、iCloudの中身を見るためにはIDとパスワードが必要になります。

IDとパスワードを設定しているのは当然、パートナーでしょうから…中身を見るためには聞き出さなければなりません。しかし、直接聞き出せばパートナーから警戒されることに間違いないでしょう。

この点は、とても難しいです。

iCloudの非同期設定と別IDの問題

iCloudはiPhoneの端末に保存されているデータを全てバックアップすることができるサービスですが、同期設定はユーザーに一任されています。

iPhoneのiCloud設定画面で同期する項目を任意で付けたり外したりすることができます。もしかしたら恋人や夫婦がiCloudの同期設定を変更していて、iPhoneの現在位置やファイルの共有が出来ないケースもあります。

浮気調査をしていることがバレるリスク

iCloudで浮気調査をする場合には、パートナーのiPhoneの設定をいじったり、変えたりしなくてはいけないことが多く、あなたが設定を変えたことにパートナーが気付いた場合にはかなり警戒されます。また、信用問題にも関わってきます。特に「ファミリー共有」の設定をした場合は、設定を操作した時点でバレてしまう恐れがあります。仮にきちんと設定ができたとしても、浮気中のパートナーであれば警戒心も強いので、ノーガードとはいかないでしょう。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

iCloudで浮気調査をする危険性

ここまでiCloudで浮気調査をおこなう方法を紹介してきましたが、パートナーのiPhoneを操作することやiCloudで浮気調査をおこなうことは違法になる可能性があります。重要な部分となりますので、きちんと目を通しておきましょう。

不正アクセス禁止法違反

第三条 何人も、不正アクセス行為をしてはならない。

第十一条 第三条の規定に違反した者は、三年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

不正アクセス行為の禁止等に関する法律

不正アクセス禁止法違反とは、不正なアクセス行為や、不正なアクセス行為につながる識別符号の不正取得・保管行為、不正アクセス行為を助長する行為等を禁止する法律です。

不正アクセス禁止法は、夫婦でも適用されます。不正アクセス禁止法の主な行為は、下記で説明いたします。

・他人のLINEやツイッター、Facebook、SNS等に無断でログインするような行為。

・他者のパスワードを正当な理由なく取得する行為。

・自分が他者のパスワードを知っている場合、そのパスワードを他人へ伝達する行為。

・ 他者のパスワードを不正に保管しておく行為。

・他者に対してパスワード等の入力を要求する行為。

以上が不正アクセス禁止法の主な行為となるため、無断でパートナーのスマホのロックを勝手に解除する行為は不正アクセス禁止法に該当します。注意しましょう!

不正指令電磁的記録共用違反

第百六十八条の二 正当な理由がないのに、人の電子計算機における実行の用に供する目的で、次に掲げる電磁的記録その他の記録を作成し、又は提供した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

一 人が電子計算機を使用するに際してその意図に沿うべき動作をさせず、又はその意図に反する動作をさせるべき不正な指令を与える電磁的記録

二 前号に掲げるもののほか、同号の不正な指令を記述した電磁的記録その他の記録

不正指令電磁的記録共用違反 に関する法律

不正指令電磁的記録共用違反とは他者のスマホの勝手にアプリをインストールし、本人の意図しない操作をさせるような行為が該当します。

実際に2018年に交際中だった女性のスマートフォンに、位置情報を共有できるアプリを無断でインストールした上、ストーカー行為をはたらいたとして、都内在住の男性会社員が不正指令電磁的記録供用罪とストーカー規制法違反の疑いで警視庁に逮捕されたという事例があります。

プライバー権の侵害

プライバー権とは「私生活(プライベート)をみだりに公開されないための権利」です。この権利は、全ての国民が持つ権利で、例え夫婦であったとしても、プライバシー権は有効です。

そのため、浮気しているパートナーのスマホを勝手にみる行為は、例え結婚したとしても民法上の犯罪行為となります。プライバシー権を侵害してしまうと、損害賠償である10万円~100万円を請求されます。

浮気調査をするなら探偵事務所に依頼することを検討

iCloudはログインさえできてしまえば、簡単に浮気の証拠を掴むことができる一方で各種犯罪行為に該当する可能性があります。

iCloudを使って個人で浮気調査を行うのは非常に危険ということがおわかりいただけたのではないでしょうか? 実際に離婚協議中の奥様のメールを200回近く不正にアクセスして見た男性が逮捕されるケースもありました。

とは、言っても…パートナーの浮気を疑っているのにモヤモヤした状態で生活を続けるのは苦しいですよね。もし、あなたが浮気の証拠を掴んでいるようであればいち早く「浮気を暴きたい」と思うのが本心ではないでしょうか?

そこで探偵事務所に浮気調査の依頼を考えてみるのは、いかがですか?

探偵事務所の浮気調査はプロの調査員が尾行・張り込み・聞き込み調査など、ありとあらゆるテクニックを使って、パートナーの浮気の証拠を掴んでくれます。きちんとした探偵事務所へ依頼することができれば、高い調査力のみならず、ハイレベルな高性能カメラなどを使用して撮影をしてくれますので、動かぬ証拠を掴むことができます。

ご自身で浮気調査を行うと、知らず知らずのうちに法律違反をしてしまう可能性がありますし、浮気の証拠を掴めたとしても、いざ慰謝料請求となった時に浮気の証拠として立証できない可能性があります。しかし、探偵事務所に依頼をすることで費用はかかっても、裁判などで戦えるだけの確実な証拠を掴めます。

何より、ご自身で浮気の現場を目撃してしまった場合には感情的になってしまうことも考えられますが、第三者である探偵事務所に依頼をしていれば、浮気の現場をご自身の目で見なくても済みます。また探偵事務所の中には、調査後のアフターサポートを実施している探偵事務所もありますので、選択肢の一つとしてお考えください。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

まとめ

「iCloudで浮気調査ができるか探偵が徹底解説します!」を、解説いたしました。

iCloudの「iPhoneを探す」「位置情報」「ファミリー共有」「ファイルを共有」でパートナーの浮気調査をすることはできるのですが、かなりリスクが大きく、最悪の場合は法律違反に手を染めてしまう危険性があるということをご理解いただけのではないでしょうか?

ご自身が罪に問われてしまうのを避けるためにも、探偵事務所へ依頼することをオススメします。探偵事務所へ浮気調査を依頼する場合に費用はかかりますが、「離婚」「慰謝料請求」などを考えている方は、探偵事務所を味方につけることで裁判の場で勝ち抜くことができるかもしれません。

最後にパートナーの浮気を見て見ぬふりをする行為は、パートナーの浮気がエスカレートするだけです。したがって、自分がこれからどのような行動をとるべきか、もう一度見つめなおし、次の行動に移す準備をしましょう。