風俗は浮気?夫の風俗通いが発覚したときに妻がすべきこと

夫が風俗に通っていることが発覚したとき、多くの奥様は浮気だと感じて問い詰めるのですが、一方で夫の方は「風俗に行くのは浮気ではない」と主張して、開き直るというケースがあります。

確かに、個人によって浮気の境界線は異なりますが、法律的な観点で見た場合、風俗は浮気になるのでしょうか。また、離婚事由として認められるのでしょうか。

今回は「風俗は浮気になるの?」という疑問に答えつつ、夫の風俗通いが発覚したとき、妻はどう対処すべきかについて解説していきます。

風俗に行くのは浮気?

風俗が浮気か否か、法律的な観点から言うとどちらなのでしょうか。

民法上の「浮気(不貞行為)」とは、夫婦や婚姻関係にある男女が、パートナー以外の人と肉体関係を持つことです。

それなら、風俗に行っている夫は浮気だと思う方もいるかもしれませんが、残念ながら、「風俗に行った」という事実だけで、ただちに浮気(不貞行為)として認められるかはケースバイケースです。

では、どのような場合なら浮気になるのでしょうか。詳しくは次項にて説明していきます。

夫が風俗に行っていたという事実は受け入れ難いかもしれませんが、感情的に問い詰める前に、それが浮気に該当するのか、落ち着いて事実を確認しましょう。

風俗によって離婚が認められるケース

先程お話したとおり、風俗店に通っていることが浮気として認められるかはケースバイケースです。

風俗通いを理由として離婚が認められるケースには、例えば以下のようなものがあります。

ケース①|性的交渉があるお店に頻繁に通っている 

女性の方に多い勘違いのひとつが、全ての風俗店で性交渉をしているというものです。

一口に風俗店といっても、実はお店によっては性交渉を伴わないサービスをしているところがあります。

例えば、ピンクサロン(ピンサロ)、ファッションヘルスなどがそれに該当し、ここでは手や口を用いたサービスしか提供していません。

夫が通っていたのが、このような性交渉を伴わない風俗店である場合、風俗に行っていたというだけで離婚が認められる可能性は低くなります。

また、浮気として認められるためには、継続的に妻以外の者と性交渉を行っているという事実がなければなりません。

そのため、1度や2度風俗店に行ったことがある、というだけでは、離婚事由として不十分と判断される場合があります。

ケース②|風俗通いによって、家庭が破綻している

性交渉を伴わない風俗店に行っている場合でも、離婚が認められるケースがあります。

それが、夫の風俗通いが家庭を経済的危機の原因になっている、あるいはそれのせいで家庭を放棄していると判断される場合です。

風俗にハマりすぎて、家計を圧迫するほど借金をしている、家に帰ってこなくなるほど入り浸っているという事情があれば、性交渉の有無に関係なく離婚をすることができます。

ケース③|風俗通いによって夫婦の関係に修復し難い溝が生じた

夫の風俗通いが原因で別居が始まった、あるいはパートナーに肉体的ないしは精神的に苦痛を与えたなど、その行為が夫婦関係を破綻させた直接の原因になった場合も離婚が認められます。

風俗通いか夫婦関係を破綻させた原因と認定されるためには、それが家庭にどれだけ悪影響を与えたかということを客観的に証明しなければなりません。

そのため、夫が風俗店に足を運ぶ頻度や使用した金額などの証拠を集めておくと良いでしょう。

風俗店に通う男の真意と本音

そもそも、妻がいるにもかかわらず、男性が風俗店に行くのは何故でしょうか。

女性からすれば、パートナーでもない人と性交渉や、それに近い行為をするというのは非常に抵抗感のあることかと思いますが、男性はどう考えているのでしょうが。

そこには、男性ならではの真意と本音があるのです。

真意と本音①|妻とセックスレスで欲求不満

妻の妊娠中、あるいは出産直後は、どれだけ仲が良い夫婦であってもセックスができなくなります。

また、夫婦生活が長くなると、妻が応じてくれない、妻では満足できないというケースも増えてきます。

そのようなとき、自分の欲求不満を解消するために、風俗に足を運ぶのです。

真意と本音②|妻とはできないプレイがしたい

夫婦といえど、性的な嗜好が合わないこともあります。

ある程度受け入れやすい内容ならまだしも、それが特殊なものであれば、パートナーに相談することすら躊躇うこともあるでしょう。

その結果、生まれてしまった欲求不満を解消してくれるのが風俗店です。

近年は風俗店が多様化し、特殊なプレイを求める方専用のお店やサービスが登場するなど、他人には理解されない性癖がある方でも、気軽にお店を利用することができるようになりました。

このように、必ずしも妻とセックスをしたくないわけではなく、相手を傷付けたくないという理由で風俗に通っている方もいます。

真意と本音③|セックスに気を遣いたくない

夫婦という間柄であれば、ひとりよがりなセックスはできません。

相手を気持ちよくさせることや、無理をさせていないかなどといったことに、どうしても気を遣う必要があります。

特に男性の場合は、セックスをリードしなければならないと考えている方も珍しくなく、人によっては強いプレッシャーを感じていることもあります。

しかし、風俗店であれば相手はプロですから、必要以上に気を使うこともなく、全て任せられます。

男性にとって風俗は気軽に欲求を満たせる場所でもあるのです。

夫の風俗通いが発覚したら?

もし仮に、夫の風俗通いが発覚した場合、妻であるあなたはどのように行動すべきでしょうか。

夫が自分以外の人と性交渉やそれに近い行為を行っていたことは、非常にショックですし、怒りや悲しみでつい感情的になってしまうでしょう。

しかし、夫に対する感情的な行動は絶対にやってはいけないことです。

感情のままに相手を責める前に、冷静に以下の対処法を実行してください。

対処法①|証拠を掴む

前述のように、夫が風俗店を利用したことを知ったとしても、感情に問い詰めるのはご法度です。

場合によっては、あなたから気持ちが離れ、ますます風俗に行くようになってしまう可能性もあるため、まずは冷静に証拠を集めるようにしてください。

また、風俗に通っていたことを理由に慰謝料や離婚の請求を考えているのであれば、探偵を利用するなどして証拠を入手しておくと、裁判を有利に進めることができます。

対処法②|借金や性感染症の有無をチェックする

夫の風俗通いは、場合によってはあなたにも悪影響を及ぼします。

精神的なショックを与えるということもそうですが、借金や性感染症のリスクもあります。

夫が風俗店に通っていることが発覚した場合、夫に借金がないか、また性感染症にかかっていないかは必ず確認しましょう。

特に性感染症は性交渉がなくても、粘膜同士の接触があれば感染している可能性があり、その状態であなたとも性的接触があれば、あなたにも感染の危険があります。

場合によっては、しばらく夫と性交渉を控えるなど、二次感染の可能性を考慮して生活するようにしてください。

対処法③|話し合う

夫に風俗通いを辞めてほしいのであれば、お互いに話し合う機会を設けることは必須です。

夫が風俗店に行った理由を聞いて、それに対処をしたり、今後どうすべきかについてもしっかり話し合いましょう。

夫が風俗に行くということは、場合によっては不貞行為にあたりますし、受け入れられないのであれば、我慢する必要はありません。

夫婦で話し合い、あなたが最善と思える結果を手に入れてください。

風俗店の女性に慰謝料請求はできる?

結論からお話しますと、夫と性的交渉をした風俗店の女性に慰謝料を請求するのは難しいと言えます。

浮気(不貞行為)が成立するためには、「自由意志で肉体関係を結んだ」ことが認められなければなりません。

その点で、風俗店で働く女性は、あくまでも接客という業務のひとつとして性交渉を行ったにすぎないとみなされるため、慰謝料請求が認められにくいのです。

しかしながら、逆に言うと、店外で(お店を介さずに)性的交渉があったことを証明できれば、女性の自由意志が認定され、慰謝料を請求が可能です。

夫が風俗店の女性と業務外で会っていて、慰謝料を請求できる余地があるか調べたい場合は、探偵に依頼することでその可否や、慰謝料請求に有利な証拠を入手できる場合があります。

風俗店通いは浮気になり得る!

法律上、浮気(不貞行為)とは、パートナー以外の相手と性交渉を行なうことです。そのため、そういったサービスを含む風俗店に夫が通っていることを理由に、離婚や慰謝料を請求することも可能です。

男性が風俗に通う理由としては、妻とのセックスレスや気を遣わずにセックスを楽しみたいからなどが挙げられますが、それを放っておいたままにすると、あなたにも性感染症にかかるリスクを伴います。

夫の風俗通いが発覚した際は、決して感情的にならず、探偵を利用するなどして冷静に証拠集めをし、冷静に話し合うことが重要です。