興信所って?探偵事務所と何が違って、どっちを利用すべき?

配偶者や恋人といったパートナーの浮気調査や、企業の信用調査をしようと検索をすると、探偵事務所と興信所の両方の情報が出てきます。

「探偵」はテレビドラマや映画で何となく知っているものの、「興信所」はどのようなことをしているのか知らないという方は意外と多く、結局自分はどちらに依頼すべきなのか迷ってしまう方もいることでしょう。

そこで、今回は意外と知らない「興信所」について解説していきます。

興信所の仕事内容や探偵事務所との違い、さらに探偵事務所と興信所の選び方についても説明していきますので、これから調査を依頼しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

興信所とは?

興信所とは一体どのような調査を行う場所なのでしょうか。
事務所にもよりますが、興信所が行っている調査には、以下のようなものが挙げられます。

  • 浮気(不倫)調査
     パートナーの不貞の事実確認のための調査
  • 素行調査
     特定の人物(お見合い相手、会社の部下など)の交友関係や普段の行動の調査
  • 行方調査(人探し)
     何らかの原因で音信不通になった人物や失踪人、家出人に関する調査
  • 企業調査(信用調査)
     取引先の資産状態や営業状況に関する調査

仕事内容のみを見てみると、興信所に依頼できる調査も、探偵事務所に依頼できるものと大差ないように思えます。

しかし、実は興信所の歴史を紐解いていくと、探偵事務所との違いがはっきり分かるのです。

興信所の歴史

日本の興信所の歴史は、1892年(明治25年)に外山脩造という人物によって設立された『商業興信所』が始まりと言われています。

「商業」という言葉を冠していることからも分かる通り、この『商業興信所』は企業の信用調査を主な事業としていました。興信所の設立当初、日本は産業革命の真っ只中で、商工業が非常に盛んでした。そこで、「信用できる企業と取引をしたい!」という企業のニーズが高まり、取引先の企業の信用調査を専門に行う機関が誕生しました。

一方、探偵事務所もこの頃にはすでに存在していましたが、その事業内容は浮気調査や素行調査、人探しといった個人からの依頼が中心でした。

つまり、企業の調査を得意とする興信所、個人の調査を得意とする探偵事務所というように、明確な棲み分けがされていたわけですね。

しかし、時代と共に浮気調査を行う興信所や企業調査を行う探偵事務所が登場し、現代では両者の取り扱い業務に差はありません。

興信所と探偵事務所の違い

これまでにご説明したことをまとめると、興信所と探偵事務所はその歴史に違いがあります。

発足時、興信所は企業の信用調査に関する調査、探偵事務所は個人に関する調査を主な事業としており、取り扱い業務には明確な差がありました。

しかし、現代においては両者の業務内容にもはや差はなく、ほぼ同じ意味意味として扱われています。

依頼するときはどちらに頼むのが正解?

では、実際に調査を依頼したいと思ったら、どちらに依頼をすれば良いのでしょうか。

結論から申しますと、どちらに頼んでも構いません。

大切なことは、興信所や探偵事務所といった名前ではなく、自分のニーズを満たしているか、また信頼できる会社かどうかという点です。

依頼をしようと思った場合、インターネットなどで検索をする方が大半かと思いますが、まずはその会社の得意とする調査や業務内容をチェックして、自分が行ってほしい調査とマッチしているかを確認してください。

また、料金形態も明確にされているところを選びましょう。

残念ながら、わざと料金形態を複雑にし、利用者に高額な調査料を請求する悪質な興信所や探偵事務所も存在しますので、分かりにくいと思ったら問い合わせをしてみることをおすすめします。そこで言葉を濁すなど、不誠実な対応をされるようであれば、別の会社を探すことを検討するのが良いかもしれません。

「興信所も探偵事務所も同じなら、どこも一緒だろう」などと思わずに、依頼の前には必ずウェブサイトや相談を行い、ご自身が満足できる企業を探しましょう。