探偵が使うカメラが気になる!カメラの種類やテクニックを解説!
  • 探偵の使うカメラが気になる方
  • 自分でも探偵用のカメラを買うことができるのか知りたい人!
  • 探偵のカメラテクニックを知りたい方!

「浮気の証拠を撮影したい!」

そう願っている方は多いでしょう。わざわざプロに任せるのはお金がかかってしまうから自分で撮影したほうが節約になると考える人もいるかもしれません。

しかし、その考え方は少し甘いです!

実際に素人がカメラを使ってみればわかりますが、なかなか思ったような写真を撮れず、せっかく撮影したものも浮気の証拠として使えないようなものばかりで徒労に終わることが多いです。

それでは、素人とプロでは何が違うのか気になることでしょう!

この記事では、実際にプロの探偵が使っているカメラの種類やテクニックなどを紹介します。それでは、探偵と普通の人が使うカメラの違いについて注目していきましょう!

この記事を最後まで読むことで
  • プロが使うカメラの種類がわかるようになる!
  • プロのカメラテクニックを知ることができる!

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

探偵が使うカメラの種類とは?

探偵は調査の際にさまざまな種類のカメラを使っています。どういうカメラが使われているのか紹介しましょう。

暗視カメラ

暗視カメラとは暗い環境でも鮮明な写真を撮影できるカメラのことです。

浮気は夜間に行われることが多く、暗い環境でターゲットと浮気相手が密会している様子を撮影することになります。そのため、普通のカメラではキレイな写真を撮ることができず、暗視カメラを使うことになるのです。

暗視カメラは多くの光を捉えることができるため、暗くても問題なく撮影できます。また、赤外線カメラを用いることもあります。

車載カメラ

最近はドライブレコーダーを車に設置している人が多く、車載カメラはイメージしやすいでしょう。

ターゲットを車両で尾行したり張り込みしたりするときに車載カメラが使われます。相手にバレずに撮影できるのが特徴であり、よく使われます。

スパイカメラ

探偵にとって必須のアイテムといえるのがスパイカメラです。

スパイカメラは、とても小型であり、一見するとカメラに見えないものです。

よく使われているのはペンタイプのスパイカメラであり、こちらを用いて至近距離からターゲットを撮影します。たとえば、ターゲットが不倫相手とデートしているところを、至近距離で撮影するのに使います。

一眼レフカメラ

一眼レフカメラは高画質の写真を撮れるのが特徴であり、昔から探偵が使い続けてきたものです。

浮気をしている確かな証拠を得るためには鮮明な写真が必要となり、そのために一眼レフカメラが使われます。これによって撮影された写真であれば、調査の報告をするときに依頼人を満足させられるでしょう。

ビデオカメラ

証拠能力としては写真よりも動画のほうが高いといえます。動画であれば決定的な瞬間を見逃しにくいというメリットもあり、多くの探偵が使っているカメラです。一眼レフカメラよりも小さくて小回りが利き、ブレにくいのもメリットといえます。

探偵のカメラと一般的なカメラの違いとは?

探偵の使っているカメラは、一般的なカメラと比較すると機能性が段違いです。

たとえば、探偵の使うカメラは感度が高く、赤外線投光器がついているものもあり、フラッシュを使わずに撮影することができます。

一般的なカメラの撮影とは状況が異なり、探偵はフラッシュを使うことができません。

そのため、普通のカメラよりも機能性が高いことが求められるのです。探偵が使うカメラは1台が数十万円するようなものが少なくありません。普通の人が個人で気軽に買えるような値段ではないのです。

探偵はどんな場面でカメラを使うのか?

探偵が一体どのような場面でカメラを活用するのか説明しましょう。

遠くから建物に入る瞬間を撮影する

たとえば、浮気調査では浮気相手と一緒にラブホテルに入る様子を撮影することが多いです。この場合は、近くから撮影するわけにはいきません。そのため、遠くから建物に入っていく瞬間を狙う必要があります。

このときには、超望遠カメラが使われることが多いです。遠くからでもしっかりと鮮明な写真を得られます。

対象者の至近距離から撮影する

浮気調査でターゲットがデートしている場面などをスパイカメラを使って至近距離から撮影するケースがあります。この場合は、カメラがターゲットにバレないように細心の注意を払って撮影します。

カメラを仕掛けて無人の状態で撮影する

場所によっては、探偵がずっと現場にいることができないケースがあります。この場合は、カメラを仕掛けて無人の状態で撮影をするのです。無人のため、カメラをうまく隠して設置することができれば、バレるリスクを最小限に抑えて撮影できます。

たとえば、ターゲットの自宅付近に設置して、浮気相手を部屋に入れる様子を撮影することが可能です。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!

探偵用のカメラはAmazonや楽天などで買えるのか?

自分でも探偵用のカメラを買いたいという人がいるかもしれません。そこで、探偵の使うカメラをAmazonなどで買えるのか紹介しましょう。

Amazonや楽天は一般向けの商品ばかり

基本的にAmazonや楽天で販売されているカメラは、一般向けのものばかりです。そのため、価格帯は高くても10万円以下のものがほとんどであり、一般の用途向けのものが多いです。

まれに探偵が使用できるようなものが売られているケースもあるのですが、プロ仕様のカメラはあまり売られていないと考えましょう。

プロは専門店で購入している

実際に探偵がどこでカメラを購入しているかといえば、それは専門店です。プロ仕様のカメラを扱っている専門店があり、そちらに注文して探偵はカメラを購入しています。ネット上にはプロの使うカメラを販売するショップも存在します。

ただし、基本的にプロ仕様のカメラはかなり高価なものが多いため、気軽に買えないでしょう。

探偵のカメラテクニックについて

探偵が実際に撮影するときにどういったテクニックを用いているのか紹介しましょう。

その場の状況に最適なカメラを選べる

探偵は常に複数のカメラを持って調査をしています。それぞれの状況に合わせて最適なカメラを選ぶことができるのです。カメラの選択を誤ってしまうとうまく写真を撮ることができないため、カメラ選びは重要なテクニックといえます。

対象者を一切見ずに撮影する

探偵は至近距離で撮影するときには、対象者のことを見ません。対象者を見てしまうと怪しまれる可能性があるからです。そのため、目線を合わせないでもキレイな写真をしっかりと撮影できるテクニックを探偵は持っています。これができなければ優秀な探偵とはいえないでしょう。

夜は明かりに照らされた瞬間を狙う

夜間での撮影はどうしても光の量が限られてしまいます。そこで、明かりに照らされた瞬間を狙って撮影するというテクニックがあります。たとえば、自動販売機の前を通りがかった瞬間に撮影するなどです。うまく光源を利用して撮影することで、夜でもキレイな写真を撮れます。

歩きながらブレずに撮影する

対象者のそばを歩いて撮影するという場面があります。この場合は、歩きながらでもブレずに撮影しなければいけません。これは簡単にできることではなく、プロならではのテクニックといえます。

カメラ本体を隠しレンズ部分だけを露出させて撮影する

鮮明な写真を撮影するためには、スパイカメラなどでは不十分です。そこで、一眼レフカメラなどを外に持ち出して撮影するケースがあります。この場合はカメラを撮影するときに、本体を隠してレンズ部分だけを露出させます。そして、対象者にバレずに撮影するのです。

まとめ

探偵のカメラに注目してきました。探偵は暗視カメラやスパイカメラなどを用いて、対象者にバレずにキレイな写真を撮影します。その際には、さまざまなテクニックを駆使することで、素人にはできない方法で証拠を集めることができるのです。

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!