パソコンに同期してある夫のLINE(ライン)から浮気調査をするのは危険です

夫が浮気をしていないか確かめるためにLINEを見たい。しかし夫はスマホを肌に離さずに持っているため、スマホ版LINEを見られない。そんな方の中にはパソコンに同期してあるLINEから浮気を確認しようとする人がいます。

しかしその方法は、パソコン版LINEにログインした際に、ログイン通知がスマホ版LINEに送られるため危険です。

そこでこのページでは、パソコンに同期してある夫のLINE(ライン)から浮気調査をする危険性を紹介していきます。

浮気を疑っても同期済のパソコンでLINEを見ない

LINEは現在ではなくてはならないコミュニケーションツールになりました。浮気相手と連絡を取るのにも多くの人はLINEを使っています。

LINEさえ見ることができれば、夫が浮気しているのか、していないのかを知ることができると考え、LINEを見ようとする人は多いです。

しかし夫がスマホを肌身離さずに持っているため、LINEをチェックすることができない人がいます。

そんな人の中には、パソコンから同期されているLINEを確認して、浮気をチェックしようとする人もいるようです。

しかし浮気を疑っても同期済のパソコンでLINEをみてはいけません。

高確率でLINE見られたことに夫が気がついてしまうからです。

「ログインしました」という通知がスマホにいってしまう

以前にLINEの乗っ取り事件が多発した影響でNAVERは、LINEのセキュリティを強化しました。

その結果、スマホ以外の端末でログインすると、「〇〇という端末で、〇〇版LINEにログインしました」というメッセージがスマホに来ます。

そのためあなたが同期済のパソコンでLINEを見ようとしたことが、夫に伝わってしまうというわけです。

夫が黒だった場合、警戒心を高めてしまう

夫が実際に浮気をしていた場合、LINEを勝手に見たことは咎められないかもしれませんが、警戒心を高めてしまうことになるでしょう。

夫が浮気をしていれば、慰謝料請求や離婚裁判をすることになることが多いです。その際には浮気を決定付ける証拠が重要になりますが、警戒心を高めてしまうと、証拠が手に入りにくくなってしまい、慰謝料請求や離婚裁判で不利になります。

LINEをみて、証拠をスクリーンショットしようとする人もいるようですが、LINEで得られる証拠のほとんどは有効ではありません。また不正アクセスとなるため、裁判で利用できないケースも多いです。

夫が白だった場合、喧嘩の原因になってしまう

夫が白だった場合、浮気をしていないのに疑いをかけられた挙句に、LINEまで勝手に見られたことになります。信頼されていないと傷つき、あなたに怒りを覚えるはずです。喧嘩になる可能性があるのはもちろん、あなたへの気持ちが離れてしまい、ゆくゆく浮気されてしまうこともあります。

自分のパソコンを夫のLINEに同期することは可能

夫がスマホを肌身離さずに持っているからといって、同期済の夫のパソコンを使ってLINEを見るのは危険なのでおすすめしません。

しかし自分のパソコンを有効活用して、夫のLINEを同期し監視することはできます。

警戒心の強い男性の中には、LINEの履歴を削除したり、浮気相手の登録名を変えたりすることで、少しLINEを見ただけじゃ、浮気がバレないように対策をしている人も少なくありません。

そこで自分のパソコンに夫のラインを同期して、夫がトーク履歴を削除する前に、浮気を探るのが有効です。

自分のパソコンを夫のLINEに同期させる方法

まずはパソコンにLINEのアプリをダウンロードしておきましょう。

続いて自分のパソコンを夫のLINEに同期させるには、まず夫のスマホでLINEを開いて「設定」→「アカウント」から「ログイン許可」にチェックをつけます。

最後にパソコン版LINEのログイン画面で、QRコード読み込みを選択してQRコードを表示し、表示されたQRコードを夫のスマホ版LINEで読み込みましょう。

スマホ版ラインに届くログイン通知は素早く消す

自分のパソコンを夫のLINEに同期させる際に注意しておきたいことがあります。それは前述した通り、スマホ以外の端末でLINEにログインすると、別の端末がLINEにログインしたことを知らせる通知メッセージがスマホ版ラインに届くことです。

通知メッセージが届いたらスマホ版ラインを開いてすぐに削除しましょう。

新着メッセージを見ない

パソコンにLINEを同期したら、LINEを監視することになると思いますが、その際に新着メッセージを見ないように気をつける必要があります。

新着メッセージを見てしまうと既読がついてしまうため、夫に気づかれてしまう可能性があります。

誤ってトーク画面を開いてメッセージに既読をつけてしまうこともあるため注意しましょう。

メッセージを送らない

夫に代わってメッセージを送るのはNGです。夫と浮気をしている女性を見つけてしまえばメッセージで文句を言いたくなるかもしれません。それでもこちらがLINEを見ていることを悟られないようにする必要があるため、メッセージを送るのは我慢しましょう。

パソコンをシャットダウンしない

パソコンでLINEを監視している期間中はパソコンをシャットダウンしないことをおすすめします。

パソコン版ラインではパソコンをシャットダウンすると自動でログアウトされてしまうからです。ログアウトされてしまうと、再度ログインする必要がありますが、その際にはスマホ版LINEにログイン通知が来てしまいます。

パソコンとの同期を行う度に、夫に監視がバレてしまうリスクが発生するため、パソコンをシャットダウンするのは、監視を終えてからがよいです。

パソコン以外でLINEを見る方法

自分のパソコンを夫のLINEと同期する以外にもLINEを監視することが可能です。ここでは遠隔操作アプリを使う方法とクローンiPhoneを使う方法を紹介します。

LINE管理アプリを使う

夫のLINEの内容を遠隔で監視することができる「Spyzie」という有料アプリがあります。iOS・Androidのどちらでも利用可能です。

App Store/Googleプレイストアのアプリではなく、野良アプリなので、スマホアプリをダウンロードする際に、IDやパスワードが必要ありません。LINEのロックさえ解除することができればダウンロードすることができます。

後は自分のパソコンでSpyzieアカウントでログインすれば、夫のトーク内容や添付ファイルを確認することが可能です。

クローンiPhoneを使う

iPhoneをiTunesに接続して、データのバックアップを取った後に別のiPhoneをiTunesにつないで復元すればクローンiPhoneが出来上がります。

クローンiPhoneを利用すれば、元のiPhoneに送られてきたLINEのメッセージを確認できるのはもちろん、SNSアカウントにもログイン可能です。

夫に浮気の疑いがあるなら、探偵に依頼する

ここまでLINEでの浮気を見抜く方法を解説してきましたが、浮気を本気で疑っているのであれば、おすすめなのが探偵の利用です。

LINEの証拠は弱いうえに、プライバシーの侵害になる

LINEは浮気バレ対策がされている可能性があり、少し見ただけで浮気を見抜くのは簡単ではありません。

パソコンを同期すれば夫が白か黒かわかるかもしれませんが、白だった場合にLINEの監視がバレてしまえば夫婦関係に修復不可能なヒビが入る恐れがあります。

またLINEで得られる証拠は、証拠として弱く、慰謝料請求などには使えないことが多いです。さらに勝手にスマホのロックを解除してLINEを見るのは違法行為に該当する可能性があります。

探偵なら調停に利用できる証拠を集めてくれる

探偵に浮気調査を依頼すれば、夫が浮気しているのかどうかはっきります。

浮気をしている場合には、探偵が調べ上げた証拠が調査報告書として渡されるため、夫婦での話し合いにも、慰謝料の請求や離婚時にも利用可能です。

まとめ

スマホのLINEを確認できないからといって、LINEが同期された夫のパソコンを見るのはログイン通知でバレるため危険です。

夫のスマホを使えれば、自分のパソコン版LINEと夫のスマホ版LINEを同期することができますが、バレるリスクがあり、違法行為に該当する可能性があります。

本気で夫の浮気を疑っているのであれば、探偵を利用するのがおすすめです。

夫・旦那の浮気に悩んでいる奥様におすすめの記事

探偵事務所M&M

探偵事務所M&M

いつでも無料相談

相談・質問は、お気軽にお問い合わせください!